プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

利益認識の乖離270

「利益認識の乖離」第270回目です。
「三国志Ⅵ」においては個々の武将の夢がなんであるかによって事実上、させる事の出来るコマンドが制約されてしまうと言う事でありました。現実の世界でも言える事ですが、個々人の願望通りに能力が備わっている訳ではなく、その結果、必ずしも望んでいない仕事をあてがわれて、よしんばうまくできても大して満足する事がないかと思えば、また、望んだ仕事においてもうまくできないために、こちらでも大して満足感が得られないなんて事は良くある物です。
ゲームの世界においては、現実の世界ほどにそのような複雑な物がなく、満足、不満に至る内容はかなり制限されます。よしんば能力で欠けていても、自身の夢応分のコマンドをあてがわれたならば、不満度と言う物が蓄積されてしまうと言うような事はないでしょう。
さて、「三国志Ⅵ」において、個々の武将にあてがわれている夢の中で両極端な物として、「義侠」と「隠遁」があります。「義侠」は、しかるべきボスに付き従っている場合、そのボスの命令には万事嬉々として従うと言う傾向があるのに対して、「隠遁」の方はどんな命令も嫌がって、その内に出奔してしまうと言う傾向があります。
現実の経営者としては、ここで言う「義侠」と言うのは非常に都合の良い条件にあると言えましょうが、それだけにめったに期待できる事ではありません。それよりは「隠遁」の方が可能性が高いでしょう。ただそれは、単なる怠け者とも違います。基本的に怠け者とみられる人間だってなにがしかの欲と言う物が存在しているでしょうから、そうした欲に見合った物をあてがう事が出来たならば、その場限りの限定化された勤勉さを求め事は十分ありでしょう。
それに対して真正の「隠遁」は諸所の俗欲と言う物から距離を置いている傾向が多く、何をあてがってもめったな事で振り向くことは期待できない物なのです。仮に隠遁と言うほどでなくても、贅沢をしようと言う意識がないのであれば、お金を与えても、その代わりにどんな負担をさせられるのかと言う点で折り合いが付かなかったら、それほど嬉々とする事はないでしょう。現実にも、こんなはした金でこんなことやってられるかとむくれるような事態は良くある物です。
隠遁と言うくらいだから、めったな事にはかかわりたくないと言う風に考える物でして、それ自体がある種の欲求なのでしょう。それに反するのならば、めったな物をあてがってもそっぽを向かると言うのは当然の事なのです。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^



クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< よしんば死者続出でも逃散がもっと頻発すれば北にとっては大打撃だろうから | ホーム | どうして戦犯旗はヘイトの対象にしないニカ?の巻 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP