プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

兵役さえなければ、韓国もまんざら悪くないニダ

兵役逃れ:歌手ユ・スンジュン、韓国入国不可=ソウル行政裁
裁判所、ビザ発給拒否取消訴訟で原告に敗訴判決

ソウル行政裁判所行政第1部(キム・ヨンチョル裁判長)は30日、入国禁止状態にある歌手ユ・スンジュン氏(40)=写真=がビザ発給拒否処分の取り消しを求めて政府を相手取り起こした訴訟で、原告敗訴の判決を下した。

 1990年代末の人気歌手だったユ・スンジュン氏は、出演した番組などで複数回、「入隊する」と表明していた。しかし、公益要員招集通知を受けた直後の2002年1月に突然、米国の市民権を取得し、兵役を免除された。これに対して当時の兵務庁長は法務部(省に相当)に同氏の入国禁止を要請、法務部は同年2月に入国禁止措置を下した。

 入国が禁止され、韓国で芸能活動ができなくなった同氏は、中国などで活動していたが、昨年5月にインターネット・テレビで「兵役を務められる方法があるなら兵役に就き、韓国国籍も回復したい」と泣きながら謝罪した。ところが、放送直後もマイクのスイッチが入ったままだったのに気付かず、ののしり言葉などが混じった同氏の会話が中継されてしまい、再び非難を浴びていた。

 ユ・スンジュン氏は昨年9月、米ロサンゼルスの韓国総領事館に在外同胞ビザ(F-4)を申請したが拒否され、韓国に行くビザを発給してほしいとして訴訟を起こしていた。裁判所は、「ユ・スンジュン氏は公益要員招集通知を受け取り、招集期日が迫っていた時に出国し、米国の市民権を取得したことなどを考えると、米国の市民権を取得した目的は兵役回避だったと見られる」と判決理由を述べた。

ヤン・ウンギョン記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


まずは
>ところが、放送直後もマイクのスイッチが入ったままだったのに気付かず
。。・゚・(ノ∀`)σ・゚・。いーーひっひ! (´∀`#)ヴァカ?
二重の意味で馬鹿ですねぇ。せっかく韓国からトンスラできたのですから、いまさらながらに韓国に戻りたがるとはねぇ。いったん韓国からトンスラした以上は、とことんそれを貫かないとねぇ。こうした事にも、二重国籍的な物があると言えましょう。ユにしてみれば、兵役さえ逃れれば、必ずしも韓国での暮らしと言う物を嫌がったと言う訳ではない訳なのですが、結局の所が、いいとこ取りを狙った訳なのですよ。兵役は嫌だけど、韓国人として韓国にはいつきたいと言う願望だけはある訳です。
ちなみに、この記事は中央日報にも出ていて、そこにはコメント欄があって、民進党の有田などは抗議すべしと言う記述がありました。そう言えば、誰だか、我が国の自衛隊に否定的なくせに、韓国での徴兵には好意的な考えを持っている御仁がいたなぁ。こう言う御仁にとっては、こうしたタレントの兵役逃れはさぞかしがっくし来る事なんじゃないでしょうかねぇ。徴兵で鍛えられたくましくなれるはずなのに、残念、とね。( *´艸`)クスクス
ちなみにキセルが発覚した場合は、3倍の運賃が徴収されるとか。コメント欄の中には、3倍の兵役を課せと言うのがありました。


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 苦しくとも、まずは単独で開催する所から始めろ | ホーム | ファビョンの威力・追加 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP