プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

果たして子供の主張が本当なのかどうか

「日本はふるさと 在留認めて」…父親は強制送還 不法入国のペルー人家族

 不法在留で強制退去を命じられているペルー人女性と、日本で生まれ育った中学3年の長女(15)、中学1年の長男(13)が14日、大阪市内で記者会見し、在留特別許可を認めてほしいと訴えた。ペルー人の夫はすでに強制送還されており、家族の支援団体は同日、抗議声明を大阪入国管理局あてに送付した。

 支援団体によると、父親のパスクアル・デラクルスさん(59)は平成3年に、妻のネリ・モレノさん(50)は同6年に、いずれも偽造旅券で日本に入国した。パスクアルさんは日雇い仕事などで生計を立てていたが、23年に入管難民法違反容疑で逮捕され、有罪が確定。ネリさんは逮捕されなかったものの、翌年に家族全員に強制退去処分が出された。

 処分取り消しを求めた訴訟も昨年、最高裁で上告が退けられ、パスクアルさんは今年9月、ペルーへ強制送還された。ネリさんも17日に大阪入管へ出頭するよう命令を受けているという。

 会見でネリさんは「子供たちは日本語は話せるがスペイン語は話せない。許しをもらいたい」と涙ながらに話した。長女も「私と弟は日本がふるさと。学校にも友達がたくさんいる。日本でこれからも生活したい」と訴えた。


またぞろ、不法滞在者が子供をだしに、自身の犯罪を免除してもらう事を目指す猿芝居です。主観的に言っても、自ら犯罪をしでかした親たちがペナルティを甘受する気がなく、子供を弾除けにしてばっくれようというところが根性が腐っていて、到底同調できません。
ここでは、子供たちが日本生まれだから日本語しかできないと言う主張がなされていますが、カルデロン事件の時にも指摘されていたようにとても信ぴょう性が欠けていると言う事でした。何しろ、他での合法的な定住ですら、てめえの意志で居ついた親たちが日本語を習う事を嫌がって、もっぱら子供たちにバイリンガルたることを強いるケースの方が多かったわけでして、今回のケースだって、よしんば子供たちが日本語ができたとしても、もっぱら日本語だけと言う事ではなく、スペイン語に関しては知らないふりをしていると言うのが大いに考えられるところであります。
一方では、実際は誇張である可能性が高い、外国人生徒に対する差別と言う主張がなされていると言うのに、それを思えば、子供たちの「日本は故郷」という主張にも信ぴょう性が怪しいと言う物です。実際の所は、ことによったら差別があるのにも関わらず、人権派連中によって「弾圧」されていて、その中でくだんの子供たちは必ずしも心にもない事として「日本は故郷」なんぞと言わされているのではないでしょうか。
子供たちの本音がどの辺にあるにせよ、所詮は親のエゴや人権派連中の利益ありきで事が進んでいる訳ですからね。それらの大人たちの利益にかなう範疇である以上は、そうした子供たちの主張は疑ってかかる必要があると思います。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< これだけ大それた事故になってようやく逮捕か | ホーム | よその国の方で「韓国化」したくないと思われていると思うが >>


コメント

子供を不法逃れの既成事実に利用する。これは児童虐待だと思います。
子供はアイデンティティに苦しむのではないか。家庭内と社会の空気や価値観の違いを埋めるのに苦労するはずです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP