プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

「やればできる」でひたすら子供が苦しむのは日帝のせいニダの巻

【寄稿】韓国の青年を苦しめる「やればできる神話」

米国のコンドリーザ・ライス元国務長官は幼い頃、ピアニストになることが夢だったそうだ。実際に才能もあったしレッスンにも熱心に取り組んだらしい。ところがある日、自分よりずっと幼い少女が到底まねできないレベルの演奏をしているのを見て、夢を諦め政治学者となる道を選んだ。世界的建築家の安藤忠雄氏がかつてボクシング選手だったのも有名な話だ。これもある日、当時のボクシング界のスターだったファイティング原田のスパーリングを見て「あそこまで到達するのは無理」と考え、最終的に自分の才能を生かせる分野としてインテリアと建築家の道に進んだ。二人は元々別の夢があったが、そちらに進んで必死に努力をしたとしても、おそらくライス氏は普通のピアニスト、安藤氏は3流ボクサーで終わっていただろう。

 韓国の教育にはさまざまな問題があるが、その中の一つが「やればできる」あるいは「誰でも努力すればできないことはない」という神話を児童や生徒たちに植え付けることだ。教師が子供たちによく話すことが「努力すれば何でもできる」という激励を込めたうそであり、教師が父兄からよく聞かされる話も「うちの子は頭は良いが努力が足りないので成績が悪い」といった嘆きの言葉ではないだろうか。

 人間は誰でもそれなりの才能があるし、また努力によってその才能を最大限生かさねばならない。しかしどのような分野でも、各自の才能には非常に大きな開きがある。例えば誰でもいつかはウサイン・ボルトのように早く走りたいと願うだろう。しかしたとえ死ぬほど努力しても、短距離走でボルトに近い結果を出せるのは、世界中を探してもごくわずかだ。どのような分野でも大成功を収めて有名になるには、生まれつきの才能に加え、それに見合った努力があってこそ可能だ。素晴らしい才能を持って生まれた天才でも、努力がなければ成功しないか、あるいは少し成功してもすぐ埋もれてしまうのだ。

姜圭炯(カン・ギュヒョン)明知大学教授(現代史)


ここでは、別段日本のせいにする記述はありませんが、あえて次のような絵文字劇場を用意しました。

<# `д´>「やればできる子」などと子供たちを苦しめる習慣が定着したのは、日帝が持ち込んだ学校教育のせいニダ。謝罪、賠償汁!

(゚⊇゚;)あーあ、また例によって斜め上な発言が始まったよ。
(#゚ 皿゚)日帝がなければ、いまだ学校教育はなきに等しい状態だったと言うのに。
(#`ε´#)「やればできる子」と言う教育がなければ、奴らますますぐうたら三昧だ。
(#`Д´)だからずるの方では「やればできる子」と言う事が顕著になっているのだ。
(# ゚Д゚)教育制度の改革では決して「やればできる子」とはなっていない。

(= @д@)韓国の教育制度は日帝から導入された物が土台となっていますから、日帝の支配にけちを付けるのならば、独立後にいくらでも、独自の改善をする機会があったはずですが、どうも韓国はそうした事ではぐうたらなのですよねぇ。決して「やればできる子」とは言えません。


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< ねたみの心理⑩ | ホーム | 手間だけ食らって果実は得られないだろう >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP