プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

勝手に自分らで惨めな思いをする事になるのかも

【寄稿】韓国ウォンのリデノミネーション、日本との協調も重要だ

韓国の政界を中心に、リデノミネーション(通貨単位の変更、リデノミ)に対する議論が再び持ち上がっている。リデノミの必要性については筆者も同意する。現在の通貨単位は1962年に定められたものだ。この間に消費者物価は約53倍になった。当時は1000ウォンで買えていたものが、今は5万ウォン(約4600円)出しても買えないのだ。

 そのせいで、私たちの日常生活で計算単位が大きくなりすぎ、複雑になることがたびたびある。米国の大卒者の初年収が5万ドル(約510万円)だとすれば、韓国は2500万ウォン(約230万円)だ。米国のそこそこの住宅が50万ドル(約5100万円)なら、韓国は5億ウォン(約4600万円)だ。5億ウォンを500,000,000と書いてみれば、韓国の計算単位がいかに大きいかよく分かる。また、2015年における韓国の国富(国民純資産)は1京2359兆ウォン(約1150兆円)で、金融資産総額は1京4599兆ウォン(約1360兆円)だ。「兆」単位にとどまらず「京」単位を使っている状況だ。

 結果的に、為替の面でも数字が複雑になっている。最近のウォンの対ドル相場は1ドル=1100ウォン(約102円)ほどだ。イタリアの対ドル相場は2002年末基準で1ドル=1850リラだったが、その後、ユーロに統合されたため、今では経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち1ドルが1000単位を超える国は韓国しかない。世界10位程度の経済力を持つ韓国としては、為替の面で通貨単位が高すぎると言わざるを得ない。

 ならば、どんな方法でリデノミを進めるべきか。一部では1000分の1にすべきとの主張があるが、100分の1にするのが適切だ。100分の1にすれば、現在の通貨単位である「ウォン」を「チョン」に下げてそのまま使用することができる。米国のドルとセントのようにすればいいのだ。これは国民の使用の不便を減らす方法でもある。

イ・ヨンタク世界未来フォーラム理事長
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

我が国では、「銭」と言えば、相場においての呼称で用いられることがありますが、実際にそうした補助通貨が存在している訳ではありません。しいて言えば、10円とか1円と言った少額のコインが、セントの様に用いられていると言えましょう。もしわが国で1ドル1円程度にデノミをやれば、上記の小額通貨がかつての銭として用いられることになるのでしょう。
韓国に至っては、ウォンとUSドルとの開きは1000倍以上に跳ね上がっており、なるほど、日本以上にそうした発想が必要になって来るのかも知れません。それにしても、新たに設定されるべき補助単位を「チョン」と言うのは、何か笑える話ですね。まあ、韓国では、同音異字、あるいは同音異義の言葉が多いから、「チョン」にもいろいろあるのは当然なのですが、日本では、自分らに対する侮蔑の言葉だとみなしている所がある訳でして、それを思えば、あまり日本の方を向いてそうした事は考えない事ですね。ゆめゆめタイトルにもあるような考えない方がいいんじゃないですかな。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 悪名・追加1 | ホーム | 千年一日の「未来志向」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP