FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

外国人に対する「お客様」扱いはやめろ

みなさんおはようございます。今日は、先日に引き続き、外国人看護婦受け入れに関して書きます。
日本で看護婦になろうと欲する者の中には元の国で既に看護婦の資格を有している人がいて、日本では、そうした人に関しては試験を免除してはどうかなどと主張する人もいるようです。
しかし何ですな。こうした記事を読んでみると、そうした有資格者に関して、あたかも日本で歓迎してしかるべし有為な人材と言う視点でしか取り上げられる事がないようです。既にわが国では「日本語の壁」なんぞとほざかれて、外国人にとっては難易度の高い職業である事が明らかになっているのですから、無理して日本で看護婦を目指さずとも、元の国で看護婦を続けていればいいじゃないですか、と言う視点が欠けています。
今の日本では看護婦が不足していて、外国からの受け入れは喫緊事とされていて、要するに日本側の弱みが指摘されるようですが、一方、外国側の弱みも存在しているのではないでしょうか。何しろ、外国にあって看護婦を勤めた人がわざわざ新たに試験を受けてまで日本で看護婦をやろうと欲するのは、所詮は元の国での待遇がよろしくなく、より良い待遇を求めて来日したと言う事に他ならないのではないでしょう。
また、日本で看護婦の不足が指摘されるのであれば、外国でも看護婦は不足していると言う事はないのでしょうか。それとも余っているからその点の心配はないと言う事でしょうか。それならば、逆に外国では看護婦市場は買い手優位で待遇が悪くても文句は言えない状況にあるのではないでしょうか。
要するに、弱みがあるのは別段日本の側ばかりと言う訳ではなく、外国の側にもあるのであれば、何も一方的にわが国の方でへりくだる必要なんかないと思います。どうも我が国は外国人に対して、一概に「お客様」扱いにする傾向があるようですが、裏を返せば、外国の事情に関して無関心な、目先においてだけの見栄っ張りの発想がもたらしたのに他なりません。
そうした発想の元では、来日する外国人の方も結構目先の利益だけで物を考えて、日本に対する無関心が少なからず増長されて、真なる相互理解も多文化共生と言う物も成り立たないと思います。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーサイト



テーマ : 社会ニュース - ジャンル : ニュース

<< 史上最大の潜水艦隊・デーニッツ伝⑨ | ホーム | 諸外国との友好はまず自国の利益ありきで考えろ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP