プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アニソン考察集28

「アニソン考察集」第28回目です。
「六神合体ゴッドマーズ」と「銀河旋風ブライガー」に関しては、25回目で取り上げたように水木一郎版による主題歌を3年前にYouTubeで見つけたのが初めてとなります。これが「破裏拳ポリマー」や「新造人間キャシャーン」ならば、初めからオリジナルの歌い手であるささきいさお版での発見と言う事ですんなり話が進められるのですが、前者の2作に関しては主題歌の歌い手はオリジナルではないと言う事で、ある種の変則性と言う物を感じざるを得ません。それぞれの主題歌「宇宙の王者・ゴッドマーズ」、「銀河旋風ブライガー」のオリジナルの歌い手は樋浦一穂、たいらいさおと、いずれもこれが自分にとっては初めての人でして、ことによったら、水木一郎版の発見がなかったならば、撃ち漏らす事になったのかも知れません。いずれも、後になってMXにおいて見る事が出来た物です。
この点に関しては、「未来警察ウラシマン」にも言える事であります。初めて見る事が出来たのは、4年前の8月にMXにおいてタツノコアニメ10作の一話のみを5日間かけて放送すると言う特別番組の元での事でして、その中から視聴者の投票で1位になった作品が秋から放送されると言う事でして、その1位となったのが「未来警察ウラシマン」と言う事でありました。
この時点では既に「破裏拳ポリマー」に関しては主題歌をYouTubeにおいて発見しており、こちらの方にこそ期待が行っており、主題歌の歌い手がHarryと言う見知らぬ存在のために、それまで「未来警察ウラシマン」の存在には気づく事はなく、本作品に関しても期待する事はなかったのですが、実際に視聴してみると、意外と良い内容でした。
さて、ここで単に歌い手だけが問われるだけだったならば、1つの視点から言って「六神合体ゴッドマーズ」と「銀河旋風ブライガー」だけにとどまってしまう所でしたが、ほどなく「銀河旋風ブライガー」に関しては山本正之版を拝むこととなり、これがある種の発展をもたらす事となりました。タイムボカンシリーズにおいて名高い山本正之でありましたが、4年前に立ち返ってみれば、歌い手に関してのみ詮索するだけだったために、「未来警察ウラシマン」と同様に、上記における特別番組においてその存在を初めて知った「黄金戦士ゴールドライタン」において主題歌の作曲者であったのにもかかわらず、当時としてはやはり大して注目する作品でありませんでした。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< その20パーセントの中には負担が大きくなる物もある | ホーム | どっちに転んでも不便な代物だな >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP