プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アニソン考察集27

「アニソン考察集」第27回目です。
アニソンのオープニングにおいて流れる映像と言えば、往々にしてレギュラーの登場人物の紹介の場となる傾向が多い物ですが、「装甲騎兵ボトムズ」の主題歌で流れる映像は前後共に寂しい物であります。オープニング「炎のさだめ」では主人公であるキリコと、ファンタム・レディだけの登場であるのに対して、エンディングに至ってはキリコが登場する事がなく、ファンタム・レディのみとなっていました。
しかし、エンディングにおいて主人公が登場しないと言う事は決して珍しい事ではありませんでした。「ルパン三世」に至っては、パート1以来、昨年度のパート4に至るまでルパン三世の登場がなかったし、「北斗の拳」も同様の傾向が見られ、ケンシロウが登場する事はありませんでした。
「タイムボカン」シリーズと「とんでも戦士ムテキング」の場合は、悪党たちがエンディングを飾ると言うのが倣いでありまして、主人公が登場する事はなかったのですが、先月新放送が始まった「タイムボカン24」では画期的な場面を拝むこととなりました。そのエンディングにおいては、本編のハイライト場面がメインで流れるのと並行して、下の方に悪党たるアクダーマの3人が自身のメカに跨乗するのに追随して、主人公たるトキオとカレンがメカブトンに跨乗して登場していました。
たまに本編とかみ合わない映像が、そうしたオープニングやエンディングで流れる事がある物ですが「黄金戦士ゴールドライタン」などはそれに当てはまりました。それらの映像の元ではゴールドライタンの存在はレギュラーの登場人物にとって存じよりの物となっているように見受けるのですが、本編においてはゴールドライタンの存在は主人公であるヒロの胸三寸に収めておいて、他のレギュラーのメンバーにはなかなか明かそうとはしませんでした。
それはゴールドライタンの意向によるものでして、そうした事が明るみになれば、いらぬ危険をしょい込む人間を増やす事にもなるからなのです。しかし結局、作品の半ばにおいてそうした秘密は暴露されてしまって、塾メイトである「わんぱくレンジャーズ」と称された他の5人にだけは明かさざるを得なくなりました。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< どんどん支持率が低くなる韓国の大統領 | ホーム | 食べ物も酒も混ぜるのがウリナラ流の巻 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP