プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

地下鉄あれこれ③

「地下鉄あれこれ」第3回目です。
京急空港線はもともとは地上を走っていた物でしたが、途中国道一号線などの交通量の多い道路を横切る形で運行されていたために、都内にしては珍しい単線ではあった物の、それでも道路交通では負担が大きかったし、羽田空港とのアクセスを充実する必要が大きくなってきたために、蒲田の近くでは高架化、そして、それ以外のほとんどの所では地下化する事になりました。
これなんかは都内では良くある一例でして、地下鉄ならずとも、道路交通との兼ね合いも考えて、それ以外の鉄道でも地下鉄の様にせざるを得ないと言う事が往々だと言う事です。そうでなければ反対に高架化するかと言う事でしょう。新橋から始まるゆりかもめ東京臨海新交通臨海線などはこれでして、これなんかも地下鉄と同様に都内の場合はもはや新たに線路を敷く余裕などないと言う事を示した一例だと言えましょう。
さて、横浜市と言えば国際的にも知られた大都市でして、鉄道網も相当稠密な物がありまして、市営の地下鉄は昭和47年に開業しました。とは言え自分が横浜市の地下鉄に初めて乗ったのは平成になってからの事でして、それまで地下鉄と言えば東京しか知らなかったのです。
地下鉄と言うからには地下しか走らないと思っていた物でしたが、横浜市の場合は地上どころか高架を走っている部分もありました。さすがに踏切を必要とするところはありませんでしたがね。
日本の政令指定都市と言うのは、大抵の場合は近隣のよその自治体との合併によって員数合わせのような所がありまして、中心部以外は依然として農村然としたところがありますが、横浜市もそこまでは行かずともかなりのんびりした所がありまして、最近になって一気に宅地化が進行して行った物ですから、地下鉄の普請にもおのずとそうした事情が反映していたようでして、東京に比べて、まだまだそちらでのキャパシティが大きいと言う事が言えるのです。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 孫へのとばっちりだに知った事かと | ホーム | 早い話が敵と一緒にののしっているだけ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP