プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アニソン考察集29

「アニソン考察集」第29回目です。
YouTubeでは、必ずしもオリジナルの歌い手のみにおいて歌を「拝む」事ができるとは限らず、異なる歌い手版と言う物が少なからず存在しています。とりわけタイムボカンシリーズにおいて名高い山本正之の場合は、作曲がメインで本来ならば別の歌い手に歌わせる歌を自ら歌っていると言う物をいくつか見付ける事が出来ました。
「銀河旋風ブライガー」に関しては水木一郎版が存在していたので、それがまず最初の出会いと言う事になったのですが、それに続くJ9シリーズと称された「銀河烈風バクシンガー」、「銀河疾風サスライガー」に関しては山本正之版が最初の物となりました。こうした土台がなかったならば、この後大絶賛の物となったこれらのシリーズ3作の本編視聴へとはつながらなかったことでしょう。
とりわけ「銀河旋風ブライガー」に関しては独特な物として、歌に先立って前口上と言う物があります。

夜空の星が輝く陰で 悪の笑いがこだまする
星から星に泣く人の 涙背負って宇宙の始末
銀河旋風ブライガー お呼びとあらば即参上

しかし、歌に先だった前口上はこれが初めてと言う訳ではなく、「新造人間キャシャーン」にもありました。

たった1つの命を捨てて 生まれ変わった不死身の体
鉄の悪魔を叩いて砕く キャシャーンがやらねば誰がやる

前口上としてはこれも結構好きになれる内容なのですが、アニメソングの歌詞ならここにおまかせ?においては、「銀河旋風ブライガー」においては前口上付きで歌詞の記載があったのにもかかわらず、「たたかえ!キャシャーン」においてはそうした前口上の記載はありませんでした。
「新造人間キャシャーン」においては、そうした前口上が「流行らなかった」と言う事なのでしょう。YouTubeにおいても、ライブ画像において「銀河旋風ブライガー」においては歌い手自身が前口上を口にすると言う事はあった物の、「たたかえ!キャシャーン」ではそうした物が存在しませんでした。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 年中妄想ばかり・2 | ホーム | 土地売買詐欺は日帝伝授の犯罪ニダの巻 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP