プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ねたみの心理⑮

「ねたみの心理」第15回目です。
どこにあっても、本来やるべき仕事と無関係な事で報労ありきの仕事をあてがっても歓迎されないだろうし、歓迎されるべきではありません。報労をあてがってやれば万人喜ぶなんて発想は経営側の独りよがりの物でしかなく、それにとどまらず能なしの発想に他なりません。
あてがわれる側としては、もし経営側が善意でそのような事を意図してるのであれば、どうして普段やっている仕事に対してそれをやらないのだと言う疑問だか、不満が生じる物です。裏を返せば、営業のような物でしか報労を提供する気がない、よその仕事に対する尊重がないと解釈せざるを得ません。その行き着く先が営業に対するねたみと言う事であります。
もし、営業の成果が良くて、それで報労をあてがわれる事で嬉々とするのであれば、既存の仕事に重視する意味があるのでしょうか。どんなに営業で良い評価を得ても、そうしたよその仕事に対する便宜が図られる事なく、営業での成果と無関係に完ぺきにやる事を求められるのであれば、むしろ営業専従のセクションに就きたがるべきではないでしょうか。なんでよそのセクションに属したままで営業成績をよろしくする事を嬉々としてやらなくてはならないのでしょうか。専従者と比較して何一つ得になる事がない環境の下でです。
もしよその連中に対して独自の成績と言う物を求めるのであれば、そうした専従者を排除すべしと言う風に考えたとして当然でしょう。そもそもよその連中だに営業に引っ張り出すのは連中だけで力不足と言うか無能だからと言う事に他ならず、少なくとも連中の権限を制約するべき考えるのは当然です。
自分としては連中自身、営業に対する主体的な責任を自覚すべきであって、そのような意識がなく、よその連中との並立的な立場の下で営業すると言うのは納得が行かないのです。連中は営業専従者であればこそ、営業成績と言う事は強く意識されている事でしょうが、そうした物を現状ではよその連中よりも有利に追求できる以上は、応分の責任、いわゆる主体的な責任と言う物を意識すべきであって、現状では「みんなで頑張ろう」と言うきれいごとに隠れて責任逃れをしているのに他なりません。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 正しく居つく事を怠った奴らはどんどん苦しめ | ホーム | 当たり前の次元を超えてしまったのか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP