プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

真なる孤立は韓国だけだろう

「世界的に広がる孤立主義-韓日中はどう行動するべきか」

韓国・日本・中国3カ国の元・現官僚と政治家、各界著名人が協力について議論する韓日中賢人会議が4日、静岡で歓迎夕食会を開き、2日間の日程に入った。今年で11回目を迎える賢人会議は「世界的な孤立主義拡散-韓日中はどう行動するべきか」をテーマに米国の新政権発足とこれによる地域情勢の再編などを眺め、3カ国の対応および協力について深く議論する。3カ国を代表する報道機関の中央日報と日本経済新聞、新華社が共同主催する今回の会議には、韓国の李洪九(イ・ホング)元首相、日本の福田康夫元首相、中国の曽培炎元副首相をはじめとする3カ国の代表団が出席した。

今年の会議を主催した日本経済新聞社の岡田直敏社長は歓迎のあいさつで、「日中韓関係は改善されているが、まだ動力が弱い状態だ。世界的に孤立主義が強まる中で3カ国がどんな協力ができるのかについて今回の会議で建設的かつ深みのある議論が行われることを期待する」と述べた。

韓日中協力を推進する政府間機構「韓日中3カ国協力事務局」の楊厚蘭事務局長はアジア経済共同体の創設に向けた協力を強調した。楊局長は「中日韓の自由貿易協定(FTA)範囲についてある程度のコンセンサスを形成した」とし「欧州連合(EU)や北米自由貿易協定(NAFTA)加盟国に比べて中日韓3カ国の相互経済依存度や相互投資比率は高くなく、まだ成長潜在力が大きい。各分野の相互信頼を深めて協力を補強しよう」と提案した。

洪錫ヒョン(ホン・ソクヒョン)中央日報・JTBC会長は祝辞で「米国で我々が一度も経験したことがない(トランプ)政権の発足を控えている。東アジアに地政学的な地殻変動が生じることも考えられる」とし「しかし韓日中はお互いに対する偏見の溝を埋められずにいる。昨年もこのような心配をしたが、その後、一つもよくなっていないようだ」と懸念を表した。続いて「韓日中3カ国の知性人は雪の中で花を咲かせ、寒さの中でも花を開き、知られなくても香り、孤高な葉を失わない梅と蘭・菊・竹を四君子として愛してきた。我々の韓日中はこの四君子の価値を再確認するべき状況にある」と強調した。

この日の夕食会では特別行事として山田尚俊大和花道会会長と陶芸家の前田直紀氏による生け花即興公演があった。山田会長と前田氏は韓日中の未来への希望を象徴する3つの器と生け花を即席で完成させ、拍手を受けた。

韓日中賢人会議は5日午前、3カ国共同繁栄のための全体会議を開いた後、午後には▼経済・金融▼環境・エネルギー▼文化・教育の3つの分科に分けて討論を行う。分科討論では韓日中FTAと二酸化炭素排出権取引、低少子高齢化への対応など3カ国が直面した懸案について深い討論が行われる予定だ。

今年の賢人会議の開催地である静岡は、17-19世紀に朝鮮が日本に派遣した外交使節団の朝鮮通信使が江戸(現在の東京)に向かう途中に通った地域であり、朝鮮通信使の足跡が残っている。この日の夕食会に先立ち、韓国代表団は朝鮮通信使が85点の水墨画と扁額を残した清見寺を訪れ、先人の親善交流の意味を振り返った。


真に孤立状態と言うに値するのは韓国だけなんじゃないでしょうか。この記事のタイトルを見るに、韓国はそうした自国の惨めぶりに関して、単によその国を巻き添えにする意図を持っているのではないでしょうか。何が「韓日中」なのでしょうか。そうでなければ、他の二大国にすり寄って、そのおこぼれに与る算段なのでしょう。
ちなみに引用記事の下の方にあるコメントにもそうした物がありました。

>大体韓国は目の上の先進国憎い日本を何とか陥れ中国を巻き込んで米中等国際社会で日本パッシング外交活動必死で展開して  国際社会で日本を孤立させるのが悲願であったがその卑劣でせこい策が逆効果 中国にも突き放され 日本は当然距離を徐々に置いている 何と言っても日中は世界屈指の大国だ 孤立主義がそれなりに蔓延しても掠り傷程度  しかしバ韓国は致命傷だね。


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 発音や表記だけの話なのに | ホーム | 「三国志」プレイ体験談① >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP