FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

せいぜい道楽だと割り切れ

みなさんこんばんは。本日はこれまで何度も批判の対象としてきた「多文化共生」に関して、また書いてみます。
この種の主張をする人は、よそ国文化に対する理解を深めて行く事で、差別をなくして行こうとでも言いたいようですが、元来、文化には優劣などなく、ただひたすら違いがあるのみでしかありません。よそ国文化に対する理解をするもしないも、個々の環境によって、出ずる文化に違いが出る以上、本気でよそ国文化に対する理解を深めて行こう物ならば、その国で暮らすくらいの事をやらなくてはいけないのではないでしょうか。
しかし、ちまたで叫ばれている「多文化共生」とは日本に鎮座したままでよそ国文化に対する理解を持とうと言っているのに過ぎない訳でして、はたしてそれらの連中がどれだけ本気で考えているか疑わしい物です。日本に鎮座している状態のままでは、よそ国文化に対する理解を持とうにも、それを推進する動機は道楽的な物に頼るしかないでしょう。何しろ必然性がない訳ですからね。
たとえば、キムチを食べて、マッコリを飲んでうまいと思った所で所詮は道楽に過ぎない訳でして、そう言う感想を持って韓国に対する好感を持っても、韓国に対する理解のごく一部でしかないのです。改めて、それはあくまで道楽に過ぎない立場の物ですから、ある物に関しては嫌いでも無関心でも良いでしょう。
しかし、「多文化共生」を唱える連中の発想からすれば、どうも受け入れて当たり前で、そうしない事こそ差別に値すると言う事らしいですね。
よそ国文化に対する理解は現地で暮らせばこその必然であって、それすらしない立場の下での理解は道楽的な発想でしかあり得ないのであって、そんな所に差別とか人権なんぞと言う言葉を持ち込むことの方がいかれているとしか言いようがありません。文化に優劣などなく、ただ違いがあるのみだと割り切ってしまえば、その中での取捨選択があってしかるべしと思い立つのが自然であって、むしろ、よそ国文化に対する侮蔑感があるからこそ、却ってそのような非柔軟な発想に至るのではないでしょうか。
たとえば野球やサッカーの特定のチームをひいきして、そのチームの応援をすると、それ以外のチームに対する差別となるのでしょうか。いちいち差別を持ち込んだならば、却って違いを理解することができなくなるのではないでしょうか。むしろそう言う主張をする彼らの方が本音としては差別的で、それを隠ぺいして上っ張りのいい奴面をしたいがために差別をするなと言っているだけに過ぎないのだと思うのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 




スポンサーサイト



テーマ : サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル : 政治・経済

<< 必然性なきよそ国文化は淘汰すべし | ホーム | 「おもひでぽろぽろ」に見る異文化理解の困難さ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP