プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

補償はしているのか

観光客を武器とする中国=韓国、台湾、香港に「制裁」発動―米メディア

2016年12月10日、環球時報は記事「中国人観光客は戦略資源に、なすすべを持たない周辺国―米メディア」を掲載した。

8日付米メディア「ハフィントンポスト」は記事「中国は観光客を武器としている」を掲載した。以下はその概略。

15年、延べ1億2000万人近い中国人観光客が海外旅行に出かけた。今後も成長は続き、20年には延べ2億人に達するとの推計もある。観光収入を狙う周辺国にとっては福音だが、副作用があることも事実だ。

中国の複数の官僚、旅行業界関係者によると、中国政府は観光客を戦略資源として扱っており、中国と対立した国・地域への観光客数を絞っているという。その苦しみに直面しているのが韓国だ。7月のTHAADミサイル(終末高高度防衛ミサイル)配備決定後、中国人観光客が急減した。さらに日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の締結など敏感な問題が多く、今後さらなる打撃が予想される。

香港、台湾も中国人観光客急減に苦しんでいる。11月の中国人観光客数は香港がマイナス20%、台湾がマイナス30%と大きな落ち込みを示している。最大の問題は中国が明らかに観光客を戦略資源として扱っているのに対し、周辺国には打つ手がないという点だ。韓国大使は中国旅行当局との会談を求めているが、いまだに返答はなく時間が流れるばかりだ。(翻訳・編集/増田聡太郎)


既に中国は、、ゆくゆく日本に対しても「報復」をすると言う主張をすると言う記事をエントリーした訳ですが、今回の記事を見るに付けて、彼らの発想もあながち荒唐無稽と言う訳ではなく、下の方の記述においては、大幅なマイナスが指摘されており、なるほど中国の方で本気で観光客を一種の武器として利用している事が明らかになっています。しかし、実際によその国に出かける人間にしてみればいかがな物でしょうか。そんなやり方をしているとなれば、中には行きたい海外旅行を差し止められたと言う人もいるのではないでしょうか。
観光客の削減を以て、よその国に対する制裁とするのであれば、そうした観光を差し止められた人間に対してそれなりの補償があってしかるべきだと思いますが、中国の事だから、抑制だけやって、補償なんかしないのでしようなぁ。あるいは、逆の場合もしかりでして、ことによったら、別に行きたくもない海外旅行を行かさせられるなんて事だってあの国ではやりかねないのではないでしょうか。そう言う強制に関してはなおの事補償があってしかるべきだと思いますがねぇ。勤務先での休暇の取得や、費用の提供とか。
ちなみに自分の場合は、海外旅行は金がかかるからやりたくない事であります。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 日本定住が当たり前ならば② | ホーム | 果たして仕返しになるかどうか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP