プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

絶倫ロボに見る男女の性差21

「絶倫ロボに見る男女の性差」第21回目です。
大河ドラマの「毛利元就」では、毛利弘元の2人の側室として杉の方と、相合の方がいました。相合の方の方は元網を産んでいたために、弘元が死のうとも、毛利家に残る事が出来たのに対して、杉の方の方はそうではなく、本来ならばその段階で暇を出される所を、もともと好きではなかった元就の母親の役を成り行き的に務めた事から、かろうじて毛利家にとどまる事が出来ました。
正室であれば、実家との関係もありますから、子供が産まれなくとも、大抵の場合は嫁ぎ先にとどまれるものですが、側室の場合は、主個人との関係にとどまる事から、子供を産まなければ暇を出されるリスクが付きまとってくる物です。まあ、異なる側室がそれぞれ子供を産んでも、それはそれで争いが起こるリスクをはらむ物です。兄弟間での後継ぎ争いと言うのも、大抵の場合は異なる側室の腹から生まれたと言うケースによる物だと言う所が一般的に認知されている所であります。
そうした争いは戦国時代でならば、いくさでと言う事になりまして、上記における毛利元就にしても、後に異母弟たる相合元網と争った物です。
さすがに江戸自体に至っては、そのようないくさによって争うと言う事はあり得ませんでしたが、どっちの子供を後継ぎにするかと言う事で、家臣団が分裂して、いわゆるお家騒動と言う物によって、改易を強いられる大名も結構あった物です。
家臣団がどうだと言う事は抜きにしても、側室にとっても、自分の産んだ子供、あるいはよその側室が産んだ子供の存在が将来の自分の立場を決めるとなれば、我が子の防衛に躍起になる事は当然でして、そしてその延長線上には、よその側室が産んだ子供を殺してしまうなんて発想に至る事も決してまれではありませんでした。
例えば江戸時代の大奥で産まれた将軍の子供の幼児死亡率が高い事が指摘される事ですが、必ずしも病死ばかりとは言えないでしょう。映画「柳生一族の陰謀」の末尾でも、やばい真実は公表されないのが普通だと指摘されていたように、あくまで表向きで病死になっているのに過ぎず、中には暗殺と言うのもあった事でしょう。
もっと極端な話としては、前にテレビ東京で放送されていた「超歴史ミステリー」においては、妊娠状態の側室を、その側室を快く思っていないよその側室がうまく転ばして流産させてしまうと言う話が取り上げられていました。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 柵がなければ仕方がないかも | ホーム | 家族は別だぞ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP