プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

これからは男児の堕胎が続出するかも

カネがもの言う中国結婚事情 男の余剰3400万人、花嫁への結納金は年収10倍 ネット民「男だけ海外移住させよ」

 中国中央テレビが今年2月に陝西省農村部で行った「天価彩礼」の実態調査によると、たとえば同省楡林地区の彩礼相場は、新郎の家の裕福度によって10万元から20万元となっており、宝鶏、隴県などの地域でも相場がほぼ同じである。そして全省の農村部を平均すると、彩礼相場は10万元程度となっているが、それは、陝西省農村家庭の平均年収の10倍以上にもなる金額である。

 年収の10倍以上、日本の感覚でいえば、数千万円以上のお金を出して嫁をもらうことになろう。もはや「人身売買」同然の世界である。実際、上述の陝西省農村地域では、「嫁を買う」というのが日常的慣用語となっているありさまである。

 沿岸に近い安徽省の場合、彩礼のことで今はやっているのは「万紫千紅」である。中国の人民元は、五元札は紫色を基調とし、百元札は紅色となっているから、「万紫千紅」とは要するに、五元札1万枚、百元札千枚、総計15万元。それが彩礼の相場である。しかも、銀行の振り込みでは駄目で、新郎の家は実際に、「万紫千紅」の札束を新婦の家まで運んでいかなければならない。

 こうなった原因の一つは当然、中国の農村部における深刻な嫁不足である。その背景にあるのは、長年の一人っ子政策で、男子が欲しがられる農村部で女子の胎児の中絶が氾濫していたことである。その結果、今の中国では若い男女の比率が大きく崩れて3400万人の「余剰男」が存在しているのである。


これまでは一人っ子政策の弊害で、女子の胎児が中絶になったり、黒孩子と称される、戸籍に乗らない女児が続出したと言う話がありましたが、こんな有様だと、今度は反対の事が起こりそうですな.男児を産むと、べらぼうな出費が必要になると分かれば、堕胎と言う事になるのではないでしょうか。そして女児ならば黒孩子と言う事がこれまではあったようですが、果たして男児の場合でも黒孩子と言う事はあり得るでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< こんな国が隣国だ・1 | ホーム | 次期大統領候補ははなから反日で始めるつもりだ >>


コメント

中共シナの一人っ子政策は、無軌道な人口爆発に国家運営がついていけなかったことが一因だと思います。労働提供とそれに見合った報酬や社会福祉の整備がおっつかなかった。それ以上に、享楽生活を提供できなかった。他にもあるのでしょうけど。
日本も戦後に貧しいはずなのに人口増があって、その反動で少子化になっているとは思います。

むかし、テレビで左系「評論家」が、シナでは女性も平等に働いているとか言うのを聞いたことがあります。これは平等思想からではなく、労働力不足を補いたいから、という反論があって納得しました。
彼ら個々人が、労働意欲が高いわけではないし、男女平等の意識が高いわけでもなんでもないことは、一人っ子政策のときに、産み分けの男子希望が多かったことでも証明されます。けっきょく、むかしから遺産財産は男がひきついできたのです。三国志なんかでも、女は政略結婚ばかりですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP