プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

自国内だけで済ませれば構わないのだが

国定教科書:「1948年大韓民国樹立」めぐり学術大会、客席から怒号も

1948年8月15日の大韓民国の出帆を、国定歴史教科書が「大韓民国樹立」と表現していることをめぐって論争が繰り広げられる中、この問題を学術的に検討する場が設けられた。12日に国立古宮博物館で開かれた東北アジア歴史財団主催の学術大会では、国定教科書執筆メンバーの金明燮(キム・ミョンソプ)延世大学教授、「大韓民国樹立」を支持する姜圭炯(カン・ギュヒョン)明知大学教授、「1919年建国論」を主張する韓詩俊(ハン・シジュン)壇国大学教授がテーマ発表を担当し、梁承兌(ヤン・スンテ)梨花女子大名誉教授、鄭栄薫(チョン・ヨンフン)韓国学中央研究院教授、キム・チャンロク慶北大学教授が討論者として参加した。

 金明燮教授は「前近代的な『朝鮮主権』を乗り越えて誕生した近代的な『大韓主権』は、1897年の大韓帝国、1919年の大韓民国臨時政府、48年の大韓民国と受け継がれた。『建国』ではなく『樹立』という表現を使ったのは、19年以降30年にわたる近代国家建設の努力の完成が大韓民国であることを明らかにするためだった」と語った。姜圭炯教授は「大韓帝国、三・一独立運動、大韓民国臨時政府、解放、大韓民国は互いに対立する事件ではなく、共存し、統合される歴史的段階と理解すべき。19年の大韓民国臨時政府樹立は『精神的建国』、48年の大韓民国樹立は『実質的建国』といえる」と語った。一方、韓詩俊教授は「『48年建国論』は、大韓民国臨時政府が国家の要素を備えていることから事実ではなく、臨時政府の継承を明らかにした憲法にも違反する。臨時政府を否定したら歴史を歪曲(わいきょく)・縮小することになり、南北を対等関係にして北朝鮮を利する、利敵行為になる」と語った。


こんな主張が成立するのも自国の歴史だからです。スペイン国王のフェリペ一世(もっとも当時は統合以前の片割れである、カスティーリャ王国の国王)も、当時としては僭称でしたが、後になってスペインがハプスブルク家の天下となると、公式に認められて現代に至っています。
三国志においても、曹操自身は皇帝に即位しなかった物の、息子の曹丕が皇帝に即位した事で、武帝と諡してもらえたことだし、また、フランスのルイ十八世が国王に即位したのも、亡命先での事だし、そもそも十八世と言う呼び名からして、既に王国が廃止されて、共和国の監獄の中で短い生涯を終えたルイ十七世の存在ありきでしから、そんな感覚で物を考えても良いのではないでしょうか。
まあ、あくまで自国内だけでの事でして、決してよその国にまでそれを押し付けてはいけません。韓国の場合はそれを本気でやっていますけどね。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 削減すべきは窓口の方なのだが | ホーム | 柵がなければ仕方がないかも >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP