プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

柵がなければ仕方がないかも

中国人観光客がゴルフコースに無断侵入、カンガルーを見ながら食事―豪州

2016年12月13日、香港経済日報によると、豪州で中国人観光客がゴルフコースに無断侵入し、カンガルーを見ながら食事しているという。

オーストラリアのアングルシー・ゴルフ・クラブは今、新たな悩みを抱えている。大自然の中、カンガルーが出没することで知られる同クラブだが、最近ではカンガルー以外にも別の「侵入者」が現れるというのだ。

それは中国人観光客だ。公園と勘違いしているのか、コースを歩き回ってカンガルーを見物。時にはシートをしいてお弁当を食べていることまであるのだとか。ゴルフボールが当たれば大けがにもつながりかねないだけに、プレイヤーたちは困惑している。

一方でスマートな解決方法を見つけたゴルフクラブもある。シドニー郊外のネルソンベイ・ゴルフ・クラブでは、カートに乗ってコースを回り、近距離からカンガルーを観察できる「カンガルーウォッチング」を開催している。延べ1万人が参加するほどの人気なのだとか。参加料を取れるだけではなく、中国人観光客の安全も守ることができる一石二鳥のアイデアだ。(翻訳・編集/増田聡太郎)


そもそも、ゴルフ場に柵を設けて、ここから入ってはいけないと言う風にしておかなかったと言う事ではないでしょうか。それがなかったから、公園とゴルフ場との境界線や違いと言う物に気づかなかった人間が出るのも仕方がないとしか。その詳細が知りたい所であります。それによっては、怠慢はむしろゴルフ場の方でして、これに関しては中国人観光客が勘違いしたとしても、一概にとがめることはできないでしょう。まあ、中国人ならば、乗り越えられる程度の柵ならば、構わず入ってしまうかも知れませんがねぇ。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 自国内だけで済ませれば構わないのだが | ホーム | 絶倫ロボに見る男女の性差21 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP