プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ねたみの心理⑰

「ねたみの心理」第17回目です。
まずもって報労がもらえないとしても必ずしもねたみの意識はわいてきません。そんな物は一部の出来の良い物にだけあてがわれるべき物でして、不特定とは言えほとんどの人間はそこからはじかれるのが当然でして、はなからそうした物に縁がない人間からすれば、自分に関係ない遠くの事だと割り切ってしまえば良いのです。所詮は、条件によってはそうした物に与れる可能性があり得る機会をあてがわれるのであって、必ず得られる訳ではないのです。むしろそういう機会をあてがわれる事で、余計な負担がのしかかって来る事の方が問題です。
いくら機会の方で等しくあてがったとしても、その機会にかかわる負担の度合いの方では必ずしも等しくないとしたら、そちらの方が問題でして、有利な条件で臨める人間、ないしはセクションに対してはそれなりのハンディを付けてもらわないと、そちらの方での不平等が別のねたみのネタを提供してしまう物です。それを払しょくする気がないのならば、そもそも報労に与れる機会を提供する事は、却って負担を増やしてしまう結果でしかなく、やはりバランスを取るためには不利な条件でさせられる人間ないし、セクションに対してはそうした機会から免除するべきであります。
報労に与れる機会をあてがわれる事をありがたがるためには、それなりに有利な条件が必要でして、あてがうだけでは駄目だと言う事です。それがないのならば、却って迷惑がったとしても決して異常とは言えないでしょう。
さて、他人がフェラーリのようなスーパーカーを持っていたとしたら、恐らくはさような高価な乗り物を購入できると言う能力に対してにのみねたみを感じる事があっても、それそのものを有している事に対しては、それほどねたみを感じる事はないでしょう。周知の通り、それを購入するための負担の度合いは半端ない物でして、めったな人間が購入できる物ではないと言う事です。ただいったん手にしてしまえば、所詮は乗り物でしかないと言う事です。では、その乗り物は容易に操作できるのかと言う点にこそ、そこから問題視される所であります。
それは性能が恐ろしく良いだけあって、めったな所ではそのような高性能が必要となる事はなく、むしろ安易にそうした高性能が露呈しないで済むようにしなくてはならない配慮が必要でして、それを考えれば、自ら運転する乗り物としては決して魅力的な物とは言えないのです。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< このような苦労があるから事前に回避しろ | ホーム | 猫も杓子も状態の大学進学こそ納得が行かない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP