プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

韓国とブサヨはとことんしかとだ

韓経:【コラム】日本の再武装に備えるべき=韓国

米国大統領に当選したトランプ氏が日本の再武装を支援するかどうかに関心が集まっている。トランプ氏は大統領選挙中、防衛費の分担が不公平だと主張してきた。

トランプ氏は複雑な経済理論は自己流に解釈し、すぐに利益になる事業に没頭する現実的な企業家だ。トランプ氏は選挙の結果が出るやいなや駆けつけた安倍首相に喜んで会った。どういう理由のためか。トランプ氏は選挙過程でいくつか公約を掲げた。大規模な減税、インフラ再建、保護貿易主義政策などを通じて米国経済を活性化させると述べた。これとともに莫大な財政投入を主張した。

日本は外貨保有高が多く、米国国債を大量に保有する国だ。トランプ氏はこうした日本の経済力に注目したようだ。それだけではない。日本を再武装させて中国を牽制すれば、米国は防衛費の負担を減らすことができる。中国と日本は歴史的に対立し、今日に至っている。ロシアと日本の関係も似ている。ロシアとしては日露戦争で敗れた屈辱がある。クリル4島(北方領土)をめぐる領有権紛争は現在進行形だ。

トランプ氏にとって日中、日露間の敵対関係は悪くない。日本が自力で軍備を増強すれば、極東地域で米国に代わって米国の第1線防衛を担当するためだ。毛沢東の中国を開放させるのに寄与した米国のヘンリー・キッシンジャー元国務長官は日本の再武装は必然的だという話をしたことがある。日本の再武装には核武装も含まれる。

現在の極東アジア情勢は第2次世界大戦の直前と似ている。違う点があるとすれば、中国が米国を牽制するほどの強国になり、韓半島(朝鮮半島)は南北に分断しているという事実だ。これらすべてのことが我々には非常に不安な要素となる。自強戦略と外交力が求められる時だ。

チョン・ソクファ米ユタ大建築学科教授


いにしえからの反日を考えれば、かようにかの国が我が国に対してびびるのはある意味自然な事ですが、だからと言って必ず我が国が攻め込むとは限りません。我が国にだって都合がある訳でして、向こうがどんなにびびっても行動さえ起こさなければ、こちらが悪しく見られる筋合いはありませんからな。
ただ、ブサヨ連中からすれば、自国よりも特亜連中の方が大事ですから、連中にしてみれば、こうした記事に対して、妙なリアクションを起こすのでしょうな。とにかく我が国の軍備を削減し、なくしてしまう事こそ連中の望みでして、そうしてこそ初めて特亜連中との真なる友好が確立できるのだと言う風に考えているようですから。我々としては、韓国以上に、そうしたブサヨ連中のリアクションに対してこそ、強くそっぽを向く習慣が求められるのです。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< よしんば被害にあっても、不法滞在はチャラにはできない | ホーム | こんな国が隣国だ・3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP