プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

単に韓国企業の雇用が少ないだけだと

韓経:【コラム】体面重視vs適性重視、韓日の気質と就職観の違い

韓国の学生が日本の学生より勉強量もはるかに多くスペックもよいが、就職率は正反対だ。韓国は就職できず大騒ぎだが、今の日本では人を求めるのが難しい。有効求人倍率は1.4と、求人数が求職数に比べて1.4倍も多い(2016年10月基準)。完全失業者のうち雇用契約満了やリストラ、定年で不本意に職場を離れた人は全体人口の0.4%(53万人)にすぎない。過去最低水準だ。失業問題が深刻な韓国としてはうらやましい数値だ。筆者が指導する卒業予定学生もすべて就職が決まった。韓日間の気質、態度、産業構造の違いが就職率の明暗を分けている。

韓国人と日本人は一見すると似ているが、気質は全く違う。韓国人は体面重視、日本人は適性重視だ。韓国人は他の人たちに誇ろうする傾向が強く、またそれが通用する。このため輝かしい学歴に見合う大企業への入社にこだわる。日本でももちろん東京大、慶応大、早稲田大など上位圏の大学を志望するが、韓国のように激しくはない。自分が望む仕事なら、あえて大企業にこだわらない。実際に日本の学生に尋ねると、中小企業でも安定したところなら就職したいという返答が多い。両国のこうした気質の差が就職率の顕著な差を招く。

仕事をする態度や非正規職への待遇にも大きな差がある。韓国人は存在感を示して組織で目立とうとし、日本人は歯車の一つであろうとする。韓国では特に契約職や非正規職は非常に不安定な状況だ。日本は歯車が抜けることを嫌うため非正規職という理由で無視したりしない。とはいえ非正規職をすぐ正規職に転換できないため、長期雇用の非正規職が大きく増えた。一度仕事を始めればその慣性の力が非常に強いところが日本だ。契約職社員の哀歓を扱った『ミセン-未生-』というドラマが韓国で反響を呼んだが、日本ではそれほど共感を受けることができなかった。非正規職への処遇が両国間であまにも違うからだ。「同一労働同一賃金」が日本の今後の政策方向だ。

韓日の産業構造は上で述べた両国民の気質と態度を反映する。外見を重視して輝こうとする性向が強い韓国は産業構造も大企業や情報通信技術(ICT)が強く好まれる。その結果、度胸は良いが雇用数は多くないという副作用を産む。当然、就職の門は狭くなるしかない。日本人は組織の中の一翼を担おうとする。月給は多くなくても長期にわたり雇用されて共に仕事をする方を選ぶ。こうした態度が雇用創出が多い中小企業や機械装備産業で強みを発揮するよう誘導する。安倍政権で就業者が大きく増えたが(2015年6376万人、執権前の2012年に比べ106万人増加)、正規職雇用はむしろ減った(2015年3313万人、同じ期間27万人減少)。韓国は1997年の経済危機までは頑張れば「小川から龍が生まれる」ケースが多かった。その後、生き残るための方策として人員を削減し、協力よりも排除の論理が強まり、生活はさらに潤いを失った。

文学や芸術作品では破格の美しさが感動を呼ぶ。枠にはまった日本は破格がなくもどかしさを感じるが、それは韓国人の感覚だ。我々が感じるそのもどかしさは日本人には安心であり安全となる。逆に日本人に映る韓国は破格が行き過ぎて目まぐるしい。いま我々は危機を迎えているだけに何も言えないのではないだろうか。


日本ですら、昔に比べてますます大学が最終学歴と言うのが増えてきておりますからか、大卒だからと言っても、必ずしも良い就職先があるとは限らない有様でして、韓国に至ってはそれ以上に大学目指すのが当然と言うありさまでして、それ
だけに大学における勉強に対する取り組みも半端ない物があるのでしょうが、就職先は必ずしもそれに合わせて存在している訳ではありませんからね。結局の所が、大学での意気込みが空回りしてしまっているのです。
たが、断る。この記事では触れていませんが、かの国の倣いと言う奴で、日本との比較がかようにある以上、韓国での就職にあぶれた連中を日本が引き取る事を欲しているのではないでしょうか。

<丶`Д´>アイーゴ。チョッパりより優秀なウリたちがどうして就職からあぶれなくてはいけないニダ。イルボンは、求人を大目にできるのであれば、ウリたちを雇うニダ。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< ある視点の下に立てば時代劇もアニメーションも似たような状況にあるのだが | ホーム | 特亜へは試合に出向くべからずと言う事だ >>


コメント

妄想日報は、本日も平常運転

チョウセン日報、いつまでたっても日本を理解できない(笑)
韓国人読者に日韓の差の分析を垂れるまえに、自分の俺サマ気質を捨てるべきじゃないかな。
つっこみどころ満載だけど、ひとつだけ。

>韓国の学生が日本の学生より勉強量もはるかに多くスペックもよいが、
・・・根拠不明。断定するな。

>韓日間の気質、態度、産業構造の違いが就職率の明暗を分けている。
・・・その違いを、以前は自分たちの優位性だとホルホルしてたよな。

>韓国人は他の人たちに誇ろうする傾向が強く、またそれが通用する。
・・・恥ずかしい自己分析。これが若い韓国人を勘違いさせる基本ではないのかな。

>このため輝かしい学歴に見合う大企業への入社にこだわる。
・・・この権威主義、学歴主義が第二の考え違いのもとですね。
 頑張りは自分への課題ではなく、部下への叱咤や無茶なノルマになるんじゃないの。


>両国のこうした気質の差が就職率の顕著な差を招く。
・・・中小企業か大企業かじゃないよ。やりがいや自己研鑽なんだよ。
 その視点がまったく欠落している。

>日本は歯車が抜けることを嫌うため非正規職という理由で無視したりしない。
・・・なんか、これもずれてるね。組織なんだから、機能性が問われます。
 連携は生産性にも効率にもつながりますね。当たり前のこと。

>韓国は1997年の経済危機までは頑張れば「小川から龍が生まれる」ケースが多かった。その後、生き残るための方策として人員を削減し、協力よりも排除の論理が強まり、生活はさらに潤いを失った。
・・・だから、それを韓国人は合理的で効率が良いとか得意がってたろ。
 >>頑張れば「小川から龍が生まれる」ケースが多かった。
  ・・・ほんとかよ。ブラックな龍ではないか。

>文学や芸術作品では破格の美しさが感動を呼ぶ。枠にはまった日本は破格がなくもどかしさを感じるが、それは韓国人の感覚だ。我々が感じるそのもどかしさは日本人には安心であり安全となる。

・・・もうね、日本のことを「枠にはまった」などと評している限り、韓国は多方面での発展はないよ。
 日本のオリジナル性は、世界でじわじわ理解されて評価されていることを知らんらしいですね。

そして、なにかあると、相変わらず日本の陰謀とか安直に「人のせい」にしている。
こりゃだめだ、韓国。ヘルの底まで落ちるしかない。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP