プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

よしんば好きでも過大にさせて良いはずがない

エイベックス松浦氏が労基署の是正勧告を受けコメント 「時代に合わない労基法なんて早く改正してほしい」

エイベックス・グループ・ホールディングスが、社員に違法な長時間労働をさせていたとして、12月9日に三田労働基準監督署から是正勧告を受けた。これを受けて、同社の代表取締役社長の松浦勝人氏が22日、自身のブログで労働基準法についての持論を展開した。

毎日新聞の報道によると、同社は三田労基署から、社員の実労働時間を管理していない、長時間残業をさせている、残業代を適正に支払っていないなどと指摘され、9日付けで是正勧告を受けた。
「僕らの仕事は自己実現や社会貢献みたいな目標を持って好きで働いている人が多い」

これを受け、松浦氏は22日に自身のブログを更新。「労働基準法 是正勧告とは」と題された記事で、持論を展開した。

松浦氏は、是正勧告を「真摯に受け止め対応はしている」としながらも、「労働基準監督署は昔の法律のまま、今の働き方を無視する様な取り締まりを行っていると言わざるを得ない」と反論する。

2015年に労働基準監督署が指導した8500の事業場のうち、「75%以上が何かしらの違反とみなされている状況」を挙げ、「そもそも法律が現状と全く合っていないのではないか」と指摘。また音楽業界では、「好きで働いている人が多い」のだから、長時間労働を抑制するのはいかがなものなのかと苦言を呈している。

「僕らの仕事は自己実現や社会貢献みたいな目標を持って好きで働いている人が多い。」
「(長時間労働を抑制すると)自分の夢を持ってその業界に好きで入った人たちは好きで働いているのに仕事を切り上げて帰らなければならないようなことになる。」
「好きで仕事をやっている人は仕事と遊びの境目なんてない。僕らの業界はそういう人の『夢中』から世の中を感動させるものが生まれる」

音楽業界などで働く人々は夢を持って、好きで働いているのだから、好きでしている長時間労働を抑制しないでほしいというのだ。

そして改めて「時代に合わない労基法なんて早く改正してほしい」と、労働環境の改善ではなく、労働基準法の改定の方を主張している。
エンタメ業界全体の労働環境が改善される日は来るのか

今回同社が労働是正勧告を受けたことに関して、ネットでは、

「労基はどんどんあぶり出していってほしい」
「ユニクロ、電通に続きエイベックスも労基調査入りか。こうやって大手からどんどんブラック企業がなくなればいいのに。」

と労基署の対応を支持する声が出ていた。

ただ一部からは「エンタメ業界は労基法を守っていたら成り立たない」という声も。エイベックスだけに留まらない、業界全体の問題もあるのだろう。いずれにしても、「世の中を感動させるもの」を生み出す人々が快適に働けるようになるになるためには、まだ時間が掛かるのかもしれない。


ちなみにNHKで放送している「知恵泉」も今年で3年目に入っていますが、その中で登場したゲストの中で徳重と言う糞社長が大嫌いでした。社員がこぞって成長したがっている発言。あれ1つで著しく悪感情を持ったものです。所詮あんなものは社長の願望をあたかも社員の願望にすり替えたのであって、それはさながら、特亜によくあった、対日外交に関して、「日本は○○したければ✖✖しろ」と言うのと大して変わりません。
特亜にとって○○も✖✖も自身の願望でしかないはずなのに、片一方を勝手に日本の願望にしたてて、そのバーターで双方を成就させようと言う虫の良い発想にあった物でした。
さて本題たるエイベックスにしても、社長の願望を社員の願望に仕立てて、そうした社員の願望に沿うためにも、労基法を時代に合わない物として排除してしまおうと言う、こちらも虫の良い発想に浸っているのです。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 機内で内乱が起こるよりは良い | ホーム | 日本定住が当たり前ならば③ >>


コメント

戦後、昭和の大昔に「モーレツ社員」という人たちがいて、高度成長を支えたのは間違いありません。それが出世や昇給の基礎だったりして。
(そのアンチもしくはガス抜きが植木等の「スーダラ社員」とかではなかったでしょうか。今なら釣りバカ日誌か。社内型から社外型へ。)

人権や余暇より企業の成長や売り上げ優先だったと思います。(余暇は3種の神器を揃えた家庭の奥様が仕切る)
経団連に加入している企業の創業者や現会長や社長の世代は、その感覚が残っているのかも知れません。この感覚の人が「企業はヒト」と連呼するときは、それなりにニュアンスに用心すべきでしょうね。問題解決は単純に「頭数」だったりすると、ダメな奴が一定割合いることを想定しています・・・。仕組み、システムの工夫が先だろう・・・。

世間に認知されて毎年新卒を採用するような一定規模の業種では、売り上げの上下が個人の働き次第とは言えなくなっていると思います。対ドル為替が固定されていた時代より、さらに為替変動や国際情勢が売り上げや純利益を支配します。
その点、自由業でくくられる業種は、まだまだ個人の働きなんでしょうね。エイベックスを擁護するつもりはありませんが、私は労基法は見直す必要があると思います。むかしのブルーカラー従業者を守る発想で作られている気がします。

大企業の抑圧を問題にするなら、まず下請けさんへの圧力じゃないかと思っています。大企業が下請けさんをショックアブソーバーとして利用している面があります。「モーレツ下請け」です。大企業の労組なんか、ここを助けるつもりはないからイヤらしいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP