プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

日本定住が当たり前ならば④

「日本定住が当たり前ならば」第4回目です。
前回の締めくくりとして、子供に対して事前の予習もないままに、来日して、だし向けに公立学校にぶち込むと言う事は犯罪ではないから、人権派連中にしてみれば何とも思っていないとしたことに関して、多分それに対しても大反論がある事でしょう。事前に日本語ができないのであれば、ボランティアにおいて日本語の学習の場をあてがう事で、日本定着のための援助を行っていると主張する事でしょう。
外国人問題に関して辛口発言の自分としては、そんなのを大真面目に援助なんぞと主張しているやからに関しておめでたいとしか思いません。そんな物は決して子供に対する支援とは言えません。そもそも来日したら公立学校にぶち込むことが当然視されるのであれば、来日前に事前の予習があってしかるべきであって、子供にしてみれば、あらかじめそうしてもらう事は当然の事でしょう。にもかかわらず、親は自らの欲望優先で、そうした子供に対する義務を怠った訳でして、来日後になってそう言う物が必要になるとしたら、もはやそれは子供に対する支援とは言えず、単なる親の怠慢をフォローした物であって、支援を受けたのは子供ではなく、親だと言う事です。
その事で、「ダンガードA」を思い付いてしまった次第であります。それはおととしDテレビに登録した時から視聴していたアニメーションなのですが、昨年になって配信期限切れになって、10話も見れなかった物であります。作品の内容としてはSFアクションと言う事なのですが、敵の猛攻をしのぎつつ、猛訓練の場面が多いと言う、ある種の異色作となっていました。
そんな中でも敵の攻撃は待ってはくれないのですが、ダンガードAのパイロットの訓練を指導したキャプテン・ダンは主人公を含む、パイロット候補生に対しては敵に対する応戦回避で臨んだ物でしたが、一方、来日させられた外国人の子供たちは別段そのような配慮などないままに、「訓練」と「実戦」とを強いられたと言うべきではないでしょうか。「訓練」は来日前に全うすべきであったのです。映画「フルメタルジャケット」でも訓練の場面は厳しかった物の、それでも実戦とは切り離されていたのです。
ウィキペディアによれば、キャプテン・ダンに対する評判が悪かったようですが、事前の予習もないままに子供を来日させる親、そして、そうした事を非難せずに「支援」してやれば良いと思っている連中はそれ以下の存在ではないでしょうか。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 差別で片づけようとするから進歩がないのだ | ホーム | 韓流ファンのやっている事は文化の横取りではないか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP