プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

絶倫ロボに見る男女の性差23

「絶倫ロボに見る男女の性差」第23回目です。
徳川綱吉は、最初実子が存在していたのにもかかわらず、早死にしてしまい、それ以降、実子を求める事で苦労しなくてはならなくなり、その行き着く先として、生類憐みの令へと突き進んで行きました。それでも実子が授かる事がなく、結局次善の策として養子縁組を迫られる事となりました。
そして大まかな選択肢として上げられたのが、尾張綱誠、紀伊綱教、甲府綱豊でありました。尾張綱誠は綱吉の姉を生母としており、紀伊綱教は綱吉の娘婿で、甲府綱豊は綱吉の兄の子でありました。
元来、将軍家のスペアタイヤ的な存在として御三家が存在していたのですが、家光の庶子による、甲府、舘林宰相家の設立によって、これらの家によって御三家よりも優先できる体制ができていました。現に綱吉からして、そう言う体制の下で将軍になれたのです。そういう背景からすれば、甲府綱豊こそが最も優先視されるべき所だったと言えるのですが、綱吉の生母である桂昌院にしてみれば、綱豊の父綱重は、かねてからライバル視していた順性院の産んだ子でして、綱豊自身は、その順性院の孫と言う事でそれはけしからんとして反対していました。
三国志では、劉備の2人の夫人である甘夫人と糜夫人が仲が良かったおかげで、自分が産んだわけでもないのにもかかわらず、糜夫人は劉禅を守るために自ら死を選んだなんて場面があった物ですが、桂昌院は順性院と仲が悪かったために、順性院の血統に次期将軍の地位を譲る事を潔しとせずに、それよりは、愛娘たる鶴姫の夫たる紀伊綱教をと望んだのですが、それは綱教の死によって瓦解して行きました。
元々が御三家よりも優先できる家が存在している状態で、たまたま綱吉の娘婿だからと言う事で、そちらの方に食指が向いただけの事であって、綱教が死んでしまえば、別段その弟が繰り上げ当選的に次期将軍として候補に上がる訳でもなく、その後は桂昌院としては不承不承ながら、綱豊が家宣と改名して後継ぎとなり、一方の紀伊家に関しては、2人の兄の死亡を経て、松平頼方が紀伊吉宗として後を継ぎました。
吉宗は綱教の様に将軍家から正室を迎える事がなかったせいか、側室に子供を産ませると言う事で制約を求められる事がなく、実子相続は言うに及ばず、御三卿の内の2家を設定できるだけの子だくさんとなりました。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 今はやりの「主張」の1つに過ぎないのだが | ホーム | だましていても、相手にだけは信頼させておく無体はいつまで続くはずがない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP