プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

利益認識の乖離280

「利益認識の乖離」第280回目です。
ドラマの「必殺仕事人」においては、主人公てある中村主水が勤務先である奉行所においてぼんくらで、そのために家にあっても、女どもから低い扱いを強いられていました。そう言う意味では時代劇はファンタジーなのかなぁと思ってしまいました。もし、そのドラマにおいて、家庭環境が良かったならば、藤田まこと版の「必殺仕事人」シリーズは見続けていたと思います。それに比べて、ジャニーズがキャストの中心となっている新シリーズにおいては、そのような主人公にとって冷や飯ぐらいな状態がないだけ、「安心」して見られる内容であると思います。
せんやりつと言った女どもに対して、もっと主水をいたわってやれよと言う気にさせられた物なのですが、彼女らにしてみれば、主水はそのかいもない出来損ないと言う認識があるのでしょう。もし主水がもっと出来の良い人間であったのならば、彼女らにしても、自分が「望んでいる」ほどに主水をもっといたわる事に対して抵抗がないのかも知れません。
ただ、この女どもたちは、これまでの時代劇の中で登場した、主人公の夫人(ないし姑)としては一番出来損ないと言っても良いでしょう。やはり主水にばかり高望みをすると言うのはいかがな物でしょうかと言う気になります。そうした事を度外視して言えば、主水がもっと出来が良ければ、その分だけ自分らの実入りが良くなってささやかながらも栄耀栄華がかなうだろうと言うのが、彼女らの思いでしょう。
さて、彼女らが普段から主水に対して上から目線での臨めるのは、家付き女と言う立場にあるからに他なりません。家付きであれば、よしんば離婚と言う事態になったとしても、追い出されるのは夫の方だからです。とは言え、妻たるもの、夫に対してはもっと低い態度で臨むべきだと思うのですが、あえて上から目線で臨むのは、家付きと言う立場に胡坐をかいてえばりたいと言う意識があるからに他ならない訳ですが、そうなって来ると、なまじ主水が優秀であってはまずいのではないかと言う解釈も成り立つのではないでしょうか。
世の中、往々にして良い実績のある人間の意見は尊重されなくてはならないとみなされる物でして、そう考えると、もし主水が優秀であったならば、女どもはそれに従わなくてはいけないような事態が生じる可能性が出てきます。女どもとしては、よしんば主水に割を食わせてでも自分らだけが良い思いをするためには、主水が出来が良くないでいる方が良いのではないでしょうか。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 日本も韓国も見限りが続出してるようだ | ホーム | 進歩すればいいって物じゃない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP