プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

こう言う所でも進歩がない韓国

読者の意見:日本語だらけのビリヤード用語を韓国語に言い換えよう

最近ビリヤードブーム復活の兆しが見られる。高齢者を含む大人たちの間で余暇を過ごす手頃な活動として広まり、シンプルなスリー・クッション・ルールの定着も手伝ってサークルなども増え、ビリヤード場はかつての活気を取り戻しつつある。最近はビリヤード専門のテレビ番組も登場した。ところがその放送用語の中には耳にすると気分を害する言葉がある。それは「手球(スグ)」=日本語の手球(てだま)=と「的球(チョック)」=同、的球(まとだま)=だ。

 サークルなどの愛好家グループはもちろん、選手たちもこれらの言葉を聞いても「自分の球」あるいは「相手の球」程度の認識しかしておらず、その由来までは知らないようだ。辞書で調べても出てこない。スグは実は日本式の漢字語で、英語の「マイボール」を日本で「手球(玉)」と呼ぶ。つまり韓国ではビリヤード用語まで日本語をそのまま受け入れて使われているのだ。的球も同じだ。先に当てる的球は英語で「ファースト・オブジェクト・ボール」、その次は「セカンド・オブジェクト・ボール」と呼ばれるが、これを日本では「第1目的球」と呼び、それを短くして「的球(玉)」、また「第2目的球」は第2的球という。ただ実際にビリヤード場に行くと、自分の球をスグ、相手の球をチョックという愛好家はもうほとんどいないが、どういうわけかテレビ番組だけはこれらの言葉をまじめに使っている。

 これらはいずれも純粋な韓国語に言い換えることができる。まずスグは「ネ・コン(私の球)」、「第1チョック」は先に当てる球だから「アプ・コン(前の球)」、「第2チョック」は次に当てる球だから「ティッ・コン(後の球)」と呼べばよい。これまで何年もかけてビリーヤード用語も見直されてきたのだから、スグとチョックも今後は韓国語で呼ぶべきだ。

チェ・デソプさん(京畿道富川市)
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


毎度毎度ながら、韓国ではこの種の突っ込みが絶えない物ですなぁ。例によっての、反日と自国の能なしとのコラボであります。ビリヤードは所詮は国産のゲームではないですから、大かれ小かれよその国の、とりわけ原産国の用語のまんまで通ってしまう事がある物なのですが、それは我が国にとっても同じ事でして、ゲームの名前からしてビリヤードとなっています。
韓国からすれば、別段日本原産でもないゲームであるはずなのに、どうしてかように日本語での用語が蔓延しているのかと言う点で疑問ですね。日本製でないのだから、英語での用語もあるのだから、それで通っていれば良かったのです。にもかかわらずあえて日本語で用語がまかり通るとは、いちいち日本を通して出なくては、自らよその道楽も国内に持ち込むことができないと言う事なのでしょうか。まあ、反日でないのであれば、それでも構わなかったのでしょうが、札付きの反日国たるもの、それではいかんでしょう。いまさらながらにそれを糺す必要が頻繁に生じると言うのが、却って韓国の馬鹿さ加減をさらけ出す結果となるのです。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< どんどん韓国は見限られていると言う事か | ホーム | 今はやりの「主張」の1つに過ぎないのだが >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP