プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

純然に文化財と言う視点で言えば、韓国に置かないに限るのだが

京都で1300年前の韓半島で製作と推定される仏像発見

京都のある寺で三国時代または統一新羅時代初期である7世紀に韓半島(朝鮮半島)で作られた可能性が非常に高い仏像が見つかったとNHKが7日に報じた。京都市妙傳寺の半跏思惟像は高さ約50センチメートルの青銅仏像だが、これまで江戸時代(1603~1867)に作られたと推定されていた。

大阪大学と東京国立博物館の研究チームが仏像を再鑑定した結果、額に彫られた模様と装飾品の竜のデザインなどが6~7世紀に韓半島で作られた仏像や出土品の特徴と一致したと明らかにした。日本に仏教が入ってきてから間もない時期に作られたとみられると説明した。仏像の金属成分は銅が90%、スズが10%ほどで、鉛はほとんど含まれていないと分析された。こうした金属比率は中国と日本の仏像ではなく7世紀に韓半島で作られた仏像である可能性を裏付ける。

大阪大学の藤岡穣教授は、金属成分を把握するためにエックス線を仏像に当てた後、反射するエックス線の波長を比較する「蛍光エックス線分析法」を使った。彼は「韓国では国宝級となる最高レベルの仏像で、こうした仏像が見つかったことは大きな意味がある」と話した。

半跏思惟像がどのような経緯で1477年に建立された妙傳寺に伝わったのかは確認できていない状態だ。妙傳寺側は仏像の価値を確認した後、盗難を防ぐため博物館に預けた。代わりに専門業者に依頼して複製品を作った。3Dスキャナーで微細なデザインの立体的なデータまで把握した後に最新技術と伝統技法で1300年余り前の仏像を実物とほとんど同じに作り寺に安置した。妙傳寺の荒木正宏住職は「博物館で多くの方に見ていただきたい。寺で安全に保管できる設備が整ったときにご本尊様に帰ってきてほしい」と話した。


これまでの韓国の倣いでは、このように日本において自国「原産」の仏像が見つかろうものならば、まあ、それがまぎれもない「韓国製」であるのかは少なからず疑わしく、例によっての単なる思い込みでしかなないのでしょうが、彼らにしてみれば、いったんそのように決めてかかったならば、盗みにかかるか、返還を要求するかのどちらかなのでしょうが、後者にしても、その後がよろしくないのです。前者であれば、単なる私利私欲でしかないと言うのが本音で、せいぜいパタリロのような口から出まかせでの正当化をするのに過ぎません。
さて、韓国における文化財と言えば、はなから自国にある物ですら、管理がいい加減になってしまう傾向が多い物でして、要するに関心が足らないと言うか、無関心と言うか、いったんわが手にあるのが当たり前状態になってしまえば、意外と執着心が失せてしまうのでしょう。日本に対して返還を要求するのも、何かと日本に対して勝負のネタを持ち込んで、その勝負で勝利する事に血道を上げるだけでして、決して自国の文化財保護は目的としてはいないのです。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< やばい奴ほどびびってる | ホーム | 世界一の馬鹿・2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP