プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

進歩すればいいって物じゃない

昔は日本人どころか世界をも驚かせたのに・・・中国アニメが「低レベルで幼稚」になった理由

改革開放に伴う市場経済の導入で中国は急成長を遂げ、豊かになった。しかし、その一方で、忘れ去ってしまったものも少なくない。その最たる例は環境破壊、モラルの低下であるが、アニメーション技術においても「忘れ物」があるようだ。

 中国メディア・今日頭条は7日、「どうしてあなたは国産アニメを好んで見ないのか」とする記事を掲載した。記事は、現在の中国国産アニメの多くが「簡単なセリフ、粗雑なキャラクター、音楽で感動させて、ストーリー性は全くなし」とし、「レベルが低くて幼稚、何の進歩もない」断じた。

 一方で、中国でもかつては「神クラスの、世界を驚かせるようなアニメが作られていた」と説明。その例として1964年に制作された「大鬧天宮」(邦題は「大暴れ孫悟空」)、88年に制作された水墨画アニメ「山水情」を挙げた。「大鬧天宮」は「米国人に『わが国ではこんなアニメは絶対に作れない』と驚嘆せしめ」たとし、「山水情」は日本のアニメーターが中国へ学びに来るも、その難易度の高さから諦めて帰っていったとしている。

 記事はそのうえで、かつて高い技術を持っていた中国アニメが「低レベルで幼稚」なものになり下がったっていった理由について分析。「その最も大きな原因は、考え方の変化だった」とし、かつては「子どもたちを大人と見なし、心とパワーとお金をかけてアニメ作品を作っていた」が、現在では「子どもだからどうせ分からないだろうと考え、粗製乱造状態となってしまった」と解説した。その結果、子どもたちの審美眼を見くびり、画面のフレーム数を減らし、セリフでその不足を埋めた、面白みのない同じような作品があふれるに至ったとのことだ。

 さらに、商業主義の蔓延により「より少ない精力せより多くのお金を稼ごうとする」ようになり、かつてのように心を込めてアニメを制作するようなことはなくなり、低レベルな現状を招いてしまったとも論じている。

 「温故知新」とはまさに中国からやってきた言葉である。中国のアニメ業界においても一度「お金儲け」の概念を捨て、かつての功績に学んでじっくりと作品づくりに向き合ってみる必要があるのかもしれない。それは、急速な発展の中で忘れてきてしまった物を取り戻す旅とも言える。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


かように中国からも、日本のアニメーションの技術が高く評価されている訳ですが、主観的には進歩すりゃあいいってもんじゃないと言う気にもなります。絵のレベルも古い方が良いと思う事があります。昨年の始め、Huluで「GACCHAMAN」を見ましたが、なるほど新しい作品だけあって、オリジナルと比較して絵のレベルが上昇している事は認めるのですが、それだけにかえって少なからずがっかりさせられた物であります。オリジナルの「科学忍者隊ガッチャマン」なればこそ、大絶賛していたのであって、新しくなった絵はどうも自分にはなじまないと言う事が強く意識された一例でありました。
それに対して、平成になってバカボンのシリーズとして「平成天才バカボン」と「レレレの天才バカボン」がフジテレビとテレビ東京で放送された事がありましたが、こちらの方は絵が進歩していなかったおかげで、昔通りの良さと言う物が維持されていました。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 利益認識の乖離280 | ホーム | こっちもこだわらないから >>


コメント

>1964年に制作された「大鬧天宮」(邦題は「大暴れ孫悟空」)、88年に制作された水墨画アニメ「山水情」を挙げた。

中国さまは必死で自尊心を保とうとしているようです。
アニメというメディアに着目したはいいが、古い説話が進歩してません。さまざまな国内問題があったのでしょう。
1958大躍進スタート、1966年文化大革命スタート。これで庶民の文化なんか発展するわけがないです。

レコチャの記事では日本を引き合いに出していますが、比較して言えば、日本でも白蛇伝(1958)ベニス児童映画祭グランプリ、西遊記(1960)(手塚治虫が参加してオリジナル性を出そうとしています)などがあります。
ディズニーの「ファンタジア」(1940)フランス「藪にらみの暴君」(1952)などが先行してあったし、日本はこれらをお手本にしています。中国なんかのアニメにぜんぜん引けをとっていなかったと思います。

アニメがデジタル化するなど立体表現が進んでいて、デザインも多様ですね。しかし、それと感動が正比例するとは限らない。リアルに作ってもバーチャルです。「パプリカ」や「甲殻機動隊」の画像表現で天井を打ったのではないか、と思うのは古いのでしょうか。どうしたって、人間が人間のために作るものなので、SFでもロボットサイボーグものでも、いつか感動させうる限界がくると思います。
テーマによって、抑制した表現を選ぶのも必要なのでしょう。
イスラエルの「戦場でワルツを」というアニメが世界で評価されましたが、アニメ表現で秀でているわけではなく、むしろレトロです。

私は、アニメの表現は二次元を忘れさせてくれれば十分です。二次元なりの楽しみかたはありますね。あとは背景との調和、音楽音響の使い方です。立体的すぎると人間キャラの平板さが際立ってしらけてしまいます。アニメで人物がかっこよすぎると見てて照れくさくなる(笑)
ここ数年では、ウサビッチや羊のショーン良かったです。ふるいトムとジェリー大好きです。子供向けばかり(苦笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP