プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

むしろ非営利団体の方が欲ボケしているとしか

エコキャップ推進協、事業費の5割超を「身内」に還流

ペットボトルキャップのリサイクルを呼びかけているNPO法人「エコキャップ推進協会」(エコ推、横浜市)が2014年度(14年9月~15年8月)、キャップの売却益を主な原資とする事業費の5割超を、子会社を通じて理事長や一部理事らの給与に充てていたことが分かった。事業費の過半が「身内」に還流していたことになる。

 横浜市に提出された事業報告書によると、エコ推は14年度の事業費6139万円のうち、約7割に当たる4157万円を運営事務費などの「業務委託費」として計上し、大半を子会社「スタッフルーム」に支払っていた。

 同社の社長はエコ推の事務局長。社員には、エコ推の矢部信司理事長や矢部氏の家族、一部理事のほか、エコ推事務局のスタッフらが名を連ねる。

 業務委託費のうち3200万円が人件費。矢部理事長は、エコ推の役員報酬(月額20万円)に加え、スタッフルームの社員として毎月35万円の給与を受け取っていた。

 エコ推は、子どもへのワクチン寄贈や途上国の貧困救済支援、障害者の自立支援を定款に掲げるが、14年度は寄付金などの合計は事業費の約2割、1349万円だった。


これっていかがな物ですかねぇ。非営利の行為と言う視点からすれば、言い出しっぺの人間こそ、最も李利益度外視で事に臨まなくてはいけないでしょう。しかしここでは、己の取り分が最優先視されていて、外部に対する利益還元、ここではしかるべき所への寄付が二の次、三の次ってことになっています。こんな有様では、経営者が己の取り分を最優先しして、そのためには従業員たちに対する給与において著しく割を食わせているブラック企業と大して違いがあるとは言えません。
ちなみにかなり前に当ブログで、外国人に対して無償で日本語を教える団体の事に関して取り上げた事があった物ですが、それなんかも、実際に日本語教育に携わる人間にのみ無償を求めて、幹部連中はお上からの補助金の中からばっちし給与を得ているのですからねぇ。本来は逆であるべきなのではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< エロ事を食い止められないなら妥当な政策だ | ホーム | 世界一の馬鹿・4 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP