プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

高をくくられた?

抗日英雄の日本人、帰国後「裏切り者」と冷遇されたが、それでもなお彼らが胸に秘めた思いとは―中国メディア

2014年10月23日、環球時報(電子版)は、日中戦争(抗日戦争)時に中国の八路軍と共に抗日戦線に参加した日本人について伝えた。

中国民政部が9月に公表した「抗日英雄300人」のリストには、日本人である宮川英男氏(1918−1945)の名が記載されている。リストに記載された日本人は宮川氏のみだが、中国の抗日戦線に参加した日本人は少なくとも1500人はいた。その多くは捕虜になり、思想教育を受けたのち、八路軍に参加している。

日本人が扇動工作することで、日本兵の中には戦いが嫌になり、内輪もめや部隊から逃げる兵士も現れたという。

終戦後帰国した彼らは、平和主義者や対中友好人士として活躍。戦争の残酷さや侵略戦争を目の当たりにし、「中国と友好的に接するべきだ」との立場を堅持した。

一方で、帰国後に「裏切り者」のレッテルをはられ、不公平な待遇に遭う人が多数を占めた。政府から監視を受け、まともな仕事に就くこともできずに貧困を極めた。さらに、嫌がらせや脅迫を受けることもあった。だが裏切り者と呼ばれることよりも、この世を去った後、戦争を経験していない日本人や戦争を軽々しくとらえている日本人が隣国と友好的に交流して行けるかどうかの方が心配だという。(翻訳・編集/内山)


抗日戦争の期間を14年に延長したと言う記事からのリンクで見つかった古い記事ですが、これらの連中は死んで当然でして、死なずに済んだだけ相当恵まれていたと言うべきですな。それにしても、はたから見れば、反逆者として成敗される連中でしょうに、そんな連中をよくもまあ中国は帰国させたものですなぁ。ある意味ではそれ自体が残酷な行為とも言えるのではないでしょうか。1つの視点からすれば、用済みになったから「帰国」させたのだと言う解釈も成り立つわけですが、結果として「中帰連」と同様な役目を果たせるほどに、身体上では無事でいられたと言う事を思えば、中国の方では、日本は彼らを殺さないと高をくくっていたと言う事でしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 狂気のさだめ・前 | ホーム | 別段抗日と愛国とが一致するとは限らないのだが >>


コメント

国家と所属軍に忠誠を誓って参戦していたのだから、よりによって前線で相手がたの軍事行動に参加したら「裏切り者」と呼ばれるのは当然です。

もちろん、もともとシナないし共産社会思想に共感する者もいたでしょうし、シナの脳内洗浄はつとに言われてきたことです。そうしなければ中国人による拷問と脅迫と処刑が待っている事情もあったはずで選択の余地は限られていたことでしょうけれど。

問題なのは、「帰国」したことです。帰国したのならば、シナでの状況と現在の日本への忠誠を十分に示し続けるしかありません。でしたね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP