プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

日本定住が当たり前ならば⑥

「日本定住が当たり前ならば」第6回目です。
まずは件のブログの中に記載されていた「世界人権宣言」の一部の転載です。

世界人権宣言を読もう...
『第十九条 すべて人は、意見及び表現の自由に対する権利を有する。この権利は、干渉を受けることなく自己の意見をもつ自由並びにあらゆる手段により、また、国境を越えると否とにかかわりなく、情報及び思想を求め、受け、及び伝える自由を含む。』

その趣旨からすれば、世界のすべての国がそれぞれ人権の擁護に関して努力すべきなのですが、この御仁にかかってしまえば、そのような発想があるとは思えません。要するに、このような事を取り上げていても、何か空々しく思えて来るのです。自分に言わせれば、よその国でも等しく人権擁護に関して努力すべきだと思うのですが、この御仁の場合は、どうももっぱら日本ばかりが努力すべきと思っていると言うか、外国にはまともな人権がはなからどころかこれからも存在し得ないとでも思っているのではないでしょうか。何しろ不法滞在者に対していらざる擁護をしているのです。
そこには、不法滞在者の出身国にも、なにがしかの人権が存在していると言う事など頭にないようでして、と言うか、国とすらも思っていないのではないでしょうか。その結果、本来、そうした外国人にあてがう人権は、出身国が提供すべきだし、それが可能であるはずなのに、そうした物まで、日本が提供すべしと思っているのです。
確か、カルデロン事件に関しては、フィリピン政府の方で、家族に対して寛大な措置を与えるからと言う事で帰国を求めたはずなのに、人権派連中はそうした事に関しては決して肯定的には考えてはいなかったのです。彼らにしてみれば、日本は外国人を見下しているからこそ、排除するのだと言う視点でしか考えておらず、フィリピンに対する帰国をあたかもオアシスの外に放り出す事の類にしか考えずに、単なるよその国に戻すと言う風には考えていないのです。
こんな有様で、どうして彼らが平等意識を有しているとみなせるでしょうか。むしろ彼らの方こそ真なるレイシストでして、せいぜいの所が眼前の外国人に対してのみいい奴面をするだけでして、決して彼らの出身国を尊重すると言う意識があるとは言えません。
彼らは表面では日本を罵っておきながら、内面では日本こそが至高のパラダイスだと思っていて、その中に外国人を引き込むことで、上っ張りの平等意識を振りかざすのみで、その裏では外国を見下しているのです。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 韓国にとってだってそうだろう | ホーム | 中国人の手にかかったら出来が悪くなると言う事だな >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP