プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

その種の犯罪は国を挙げての物だから

【寄稿】韓国小説・ドラマの歴史歪曲は犯罪レベルだ

歴史小説や歴史ドラマの歴史歪曲(わいきょく)問題は、昨日今日始まったことではない。歴史ドラマが放送されると、ドラマの主人公を取り上げた歴史小説も争うように出版される。脚本の基になった小説は再版され、放送に合わせて急いで書かれた本も出てくる。最近だと『花郎』がそうだ。かつての『淵蓋蘇文』や『善徳女王』、『大祚栄』もそうだった。

 歴史小説にせよ歴史ドラマにせよ、歴史の大衆化に寄与するというのはよいことだ。韓国の歴史を広く伝えて自負を持たせるという面で、前向きな現象ともいえる。しかし、歴史的実体を作家が恣意(しい)的に解釈してゆがめてはならない。歴史小説は歴史の本ではないのだから想像力が割り込む余地はあるが、想像力を発揮し過ぎて、あったことをなかったかのように、なかったことをあったかのように、実体をゆがめてよいだろうか。

 高句麗の大武神王を主人公にした歴史小説を読んで、あきれてしまった。夫余の将帥が身分を明かせと言うと「われ、大武神王!」と言い返す場面があった。大武神王とは死後にささげられた尊号であって、生前用いられた称号ではない。また、ある歴史小説では「来週見よう」というせりふが出てくる。1週間という単位が登場するのは、キリスト教が入ってきた後の話だ。李舜臣(イ・スンシン)将軍を主人公にしたある小説では、李舜臣が三道水軍統制使を罷免されてソウルに連行される際、逮捕に来た人々を「禁府都事」と表現していた。実際は禁府都事ではなく、宣伝官と呼ばれる武官だった。この程度なら、枝葉末節なミスといえるだろうが、基本史料たる『宣祖実録』を読んでいれば犯さない誤りだ。

 このように小説が考証をしないので、歴史ドラマの歴史歪曲となるともはや言うまでもない。『不滅の李舜臣』では、亀甲船が進水式当日にひとりでに沈んだと描写され、あっけにとられてしまった。数年前に放送された『女人天下』では、文定王后の弟のはずの尹元衡(ユン・ウォンヒョン)を「兄」にしてしまっていた。よその家系にまで手を加えておいて、制作責任者が「ドラマを面白くするため」と言っているのを見て、あきれてしまった。

ファン・ウォンガプ=小説家・歴史研究家
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


なまじ歴史教育でいんちきをすると、却ってこのような事が生じてしまうのでしょうか。よそでならば、これははなからファンタジーだ。フィクションだと言う割り切りがうまく行って、容認されるケースが多い物ですが、根幹がいんちきで成り立っている物だから、韓国の場合は結構、現実とファンタジーとの区別が付かない状態になってしまっているのです。犯罪と言うのであれば、そうした根幹にあるのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 日本に対するアピールなのではないかと勘ぐる | ホーム | ねたみの心理21 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP