プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

花咲かじいさん

唐突ですが、当ブログにおいてはカテゴリーの1つとして昔話考察と言う物を設定しているのですが、その割にはこれまで2つしかそのカテゴリーの元でエントリーする事ができませんでした。せっかくそのようなカテゴリーを設定したからには、それに見合った、多数のエントリーができれば良いと思うのですが、実際それが可能になってはいません。
今回は例外的に1回程度で終わってしまうのでしょうが「花咲かじいさん」をテーマに書いて行きます。
改めて思うに、花咲かじいさんと称されている物の、そのように称された主人公にしてみれば、決してそのような物にはなりたくはなかった事でしょう。少なからずの昔話は主人公にとって良い結果となって終わる事になっていますが、この話に関しては、と言うか、他でもあり得る事なのですが、そこに至る道中は決して良い事ばかりではなく、悲劇ありきで成り立っているのです。
1つ目の悲劇として、わんこの存在に始まります。もともと、白と命名されていたこのわんこの存在において正直じいさんの夫婦は楽しくやっていけたのですが、わんこが周知の通り「ここほれわんわん」でお宝を発見した事に悲劇が始まります。
他でも言える事ですが、お宝の存在によって報われる人間に限って、案外恬淡としている傾向がありまして、このじいさんにしても、お宝があっても、1両も必要なかったのではないでしょうか。にもかかわらず壺いっぱいのお宝をわんこが発見してしまった事で、となりに住む欲張りじいさんがしゃしゃり出て来て、自分にも宝を探し出せと、強引にわんこを借りて行ってしまいました。
欲張りじいさんの思惑に外れて、見つけ出した物はお宝ではなく、ろくでもない代物だった物だから、わんこは殺されて、その穴に埋けられてしまいました。後日、その場所から木が生えて来たので、主人公はその木を切って臼を作りました。わんこの身代わりと言う事です。
臼の使い道と言えば、餅つきと言う事がすぐに思いつく事でして、早速餅をついた所、お宝が出てきました。ここから2度目の悲劇が始まります。本来ならば、そこで餅ができて、それを食べてご機嫌に終始できたところ、お宝を獲得しようとたくらむ欲張り爺さんがしゃしゃり出て来て、またぞろ臼を強引に借りて行きました。
果たして今度も思惑に外れて、ろくでもない物が出てきたものだから、そこでも欲張りじいさんの怒りが、臼を壊し、燃やしてしまうと言う方向に向きました。
最終的には、その時に出来上がった灰をまく事で、たまたまその場に居合わせたお殿様の目に留まり、枯れ木に花を咲かせたことで、喜んだお殿様から褒美に与る事になりました。しかし、改めて、ここまでの経緯を見て行けば、そこまで行く事が主人公にとっては良い事とは言えません。それ以前にとどまっていられたほうが良かったのではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










スポンサーサイト

<< 格別こ公開するほどの事じゃないニダ | ホーム | 韓国に自由は厳禁にだけは同意するが >>


コメント

ほんとうは怖いxxxのパターンで、日本の昔話や民話の元ネタとエロさや残酷さがあばかれることがあります。
日本に限ったことではないはずで、西欧の残酷さは日本なんかものの数ではありません。日本で子供の誘拐や神隠しのレベルでも、西欧では町ごと全滅だの強制移住の奴隷化だの、すさまじいですね。

そもそも昔であれば、食糧自給もままならず、まして味覚の舌福どころではありません。生命維持が困難でその原因もわからず、神頼みは必死のものでしたろう。

花咲じいさんの話しは複数の話しをくっつけた感じがします。
金銭欲のいましめ、食欲(臼)のいましめ、それ以上の人生の真実(再生と美)という流れですね。仏教の影響でしょう。
性悪じいさんは、西欧なら「悪魔」にたぶらかされた人間の役回りかな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP