プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

もっぱら他人がよける事を期待あるいは要求するようでは嫌われる

学校生活、給食など苦慮 ムスリムの子に「理解を」

静岡文化芸術大主催の多文化子ども教育フォーラムが4日、浜松市中区の同大で開かれ、静岡県多文化共生審議会委員で、インドネシア出身のエフィ・グスティ・ワフユニさん(39)が講演した。県内のイスラム教徒(ムスリム)への調査を基に、ムスリムの子どもたちが学校生活で給食や礼拝などに苦慮している現状を報告。「ムスリムを取り巻く問題改善のきっかけになれば」と訴えた。
 調査は昨年11月、県内在住の同国人ら26家族を対象に、学校生活や職場で困っていること、対応策などを尋ね、実態を初めて公表。「ハラール対応」ではない学校給食に多くの保護者が悩んでいる様子が浮かび上がった。大半が毎日弁当持参か、豚肉使用のメニュー時におかずを持参する対応を取っていて、「給食は食べるが豚肉は残す」ように子どもに指示している家庭もあった。
 学校や職場で、お祈りや断食、女性が頭にかぶる「ヒジャブ」を禁止された例や、侮蔑の言葉を投げ掛けられた体験談も示された。
 エフィさんは、ハラール対応の給食を出す福岡県内の私立保育園や金曜日の礼拝を例外的に認める浜松市内の学校などを紹介し、「ルールだから駄目というのではなく柔軟な対応を検討してほしい」と理解を求めた。


話はずれますが、自分自身は配達の仕事をしている訳ですが、再配希望になりますと、昨今ますます恥知らずな要求がなされる物です。近年は携帯電話の普及に伴い、配達員に連絡できるようになって来た(もちろんそれは大抵の場合は局のコールセンターを通じての物ですが)物だから、いったん出向いて不在だったのが、後刻になって帰宅してから、今在宅しているから来てほしいと言う要求があったり、中には、より長く超過勤務が必要になるような事態になるような形での要求もあったりでした。
そんな事が思い立つのも、ただで済むからと言う風に高をくくっているからでして、そもそも自身の意志から他人を動かすのだから、何千円か手数料を請求する事が前提であったならば、そうした要求のどれだけ「生き残る」でしょうか。要するに、手数料を請求されると分かれば、そのような野放図な要求は仕掛けてこないだろうと思うのです。
さて本題に戻って、くだんのインドネシア人にしても、ただで事が運ぶと高をくくっているからこそ、このような身勝手な発言をするのであって、そのような自己中な手間をかけさせられる側に対してしかるべきコストを提供しなくてはならないと分かれば、安易にそのような要求はできないと思います。
まあ、彼らが言う宗教上の禁忌に外れる事をあえてしろとまでは行かずとも、自分自身でそれを回避する手間をかけても良いのではないでしょうか。他人とすれ違う時に、もっぱら他人がよける事ばかりを期待し、あるいは要求するような人間はとかく嫌われる物です。そして、このような事をしていては、ますますイスラム教が嫌われる事につながる事でしょう。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 能なしのコミュニティ | ホーム | 恩知らず・追加1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP