プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

悪事をなせば、万人普通の人間じゃないのだ

性質一変なら「普通の団体」も処罰 「共謀罪」政府統一見解

「共謀罪」と同じ趣旨で政府が創設を目指す「テロ等準備罪」について、法務省は十六日、衆院予算委員会理事懇談会で、普通の団体が性質を一変させた場合も、処罰対象の「組織的犯罪集団」になり得るという政府統一見解を示した。政府は東京五輪・パラリンピックのテロ対策を強調しているが、テロ組織や暴力団などに限らず、市民団体や労組、会社なども対象となり得ることを事実上認めた形だ。 (山田祐一郎、我那覇圭)

 法務省はこの日、「組織的犯罪集団」の定義について、「結合の目的が犯罪を実行することにある団体という趣旨で検討している」と説明。「もともと正当な活動を行っていた団体についても、目的が犯罪を実行することに一変したと認められる場合には、組織的犯罪集団に当たり得る」との考えを示した。例えば、基地建設反対の市民団体が工事車両を止めようと座り込みを決めれば、捜査機関が組織的威力業務妨害が目的の組織的犯罪集団と恣意(しい)的に認定する懸念がある。

 安倍晋三首相はこれまで「一般市民が対象となることがあり得ないよう検討している」と説明。法務省の林真琴(まこと)刑事局長も一月三十一日の参院予算委員会で「そもそもの結合の目的が犯罪の実行である団体に限られる。普通の団体は除外される」と答弁していた。

 一方、金田勝年法相は二月二日の衆院予算委員会で、普通の団体でも、犯罪を反復継続するなど性質が変わったと認められた場合に処罰対象となる可能性を否定しなかった。安倍首相や刑事局長と見解が分かれたため、民進党が政府の統一見解を求めていた。

 日弁連共謀罪法案対策本部事務局長の山下幸夫弁護士は「犯罪行為を反復継続していなくても、一度でも犯罪に合意すれば、性質が一変したと判断され、組織的犯罪集団と認定される可能性がある」と指摘する。


「破裏拳ポリマー」に出てくる悪党グループでもあるまいに。毎度毎度異なるグループが奇怪な格好をして悪事をなすのです。そうした外観の段階で、始めから奇怪なグループであることを明らかにしてくれますが、現実の世界においては、悪党ですら、普段からそのような奇怪な格好をして、なんてことはあり得ません。そもそも、そうした奇怪な格好をしても、それに見合った特殊な能力を発揮できる訳ではありませんからね。堂々と悪党であることを明らかにしても、それに対する邪魔を踏み潰す事ができるだけの能力がない以上、そうした奇怪な格好は足手まといになる物でして、現実は、普段はそうした事は隠ぺいして行動する物です。
要するに、はなから悪党として君臨しようとする連中だって、普段は普通の格好に徹する物でして、ここで言う「普通の団体」だって、単なる表向きの物でしかなく、いつ何時悪党としての本性を暴露するか分かった物ではありません。実際に悪党としての行動がなければ良いだけの事であって、なにやら、一般人だに突然理不尽な取り締まりに出くわすかのような表現はしないでもらいたい物です。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










スポンサーサイト

<< 却って利用される発言だな | ホーム | どこにあっても韓国人であることはやばいと言う事だ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP