プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

どんな体制の元でも地下経済は必要か

韓国の地下経済規模124兆ウォン…GDP比8%

韓国の地下経済規模が国内総生産(GDP)比8%という国策研究機関の分析が出てきた。韓国租税財政研究院が17日に出した報告書「所得税タックスギャップ(Tax Gap)および地下経済規模推定」でだ。

これによると、2015年基準で地下経済規模は124兆7000億ウォン(約12兆円)だ。地下経済とは政府の規制を避けて行われる経済活動。フリードリヒ・シュナイダー・リンツ大学教授は2013年、韓国の地下経済規模をGDP比24.7%(2010年基準)で推定した。

租税財政研究院のアン・ジョンソク研究委員は「地下経済規模はどう測定するかによって異なるが、GDP比20%には達しないだろう」と述べた。

タックスギャップは2011年基準で最大26兆8000億ウォンと集計された。納税者が期限内に納付するべき全体税額の15.1%。タックスギャップとは、納税者が税金を適時に納める場合の税収と実際の納付税金の差であり、不誠実納税の規模を表す。


韓国のいんちき歴史によれば、日帝の収奪から逃れるために、そうした地下経済があったような。要するにそれは、彼らなりの愛国的な発想から始まった物なのではないでしょうか。そして今もいまだにそうし地下経済があると言う事は、結局韓国は、どんな体制の下ででも収奪があるから、そうした物から逃れるためには、依然として地下経済と言う物が必要なのでしょう。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 果てしなく狂気・1 | ホーム | 誰もが他人任せで済まそうとしているのではないか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP