プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

いくら相手を貶めても自身はそれ以下でしかないのだ

【社説】「三流国家」中国からの嫌がらせは韓国の宿命だ

米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に対する中国からの報復が本格化している。習近平・国家主席が公の席で反対を表明したことから、今回の報復行為はある程度予測されていたし、また今後長期にわたり続くことも考えられる。具体的な例としてはロッテ免税店のホームページが中国からとみられるサイバー攻撃によって一時閉鎖され、また中国国内の複数のネット通販サイトからロッテが閉め出された。さらには韓流を規制する「限韓令」、韓国からの輸入品に対する通関手続きの複雑化、両国を行き来する専用機やビザ発給の規制など、どれもあからさまな報復行為に近いものばかりだ。また中国共産党の一部宣伝メディアは「断交に準ずる制裁」「韓国企業に罰を与えて懲らしめよ」などと主張し、最近は「韓国製品の不買運動」まで呼び掛け始めた。どれも通常の国家間の関係では到底考えられない感情的かつ高圧的な態度と言わざるを得ない。

 現在、おそらく中国は政治目的の経済的報復を露骨に行う地球上で唯一の国だろう。尖閣諸島の領有権問題を抱える日本に対しては一時レアアース(希土類)の輸出を制限し、反体制活動家にノーベル賞を与えたノルウェー(ノーベル賞のうち平和賞だけはノルウェーが授与する)に対してはサーモンの輸入を禁止した。さらに台湾、フランス、フィリピン、モンゴルなどの国々もさまざまな理由で中国から報復を受けている。そのため最近は世界で悪名高い中国の報復外交には誰も驚かなくなった。

 ただ今回、大韓民国がTHAAD配備を決めたことに対する中国の報復は、これまで以上に執拗(しつよう)かつ長期にわたる可能性が高い。習主席が直接反対を表明したにもかかわらず配備が行われるため、中国が特段に重視する「メンツ」がつぶされた格好になった上に、この機会に韓国をてなずける意図があるようにも感じられるからだ。そのため韓国に損害を与えられるあらゆる分野ですでに報復の方針を決めた可能性もあり、それが事実だとすれば、今後ロッテだけでなく中国に進出している全ての韓国企業が報復を受けるかもしれない。中国が大国であることは間違いないが、今回の行動で彼らが考えることややることは三流国家のそれにすぎないことがあからさまになった。このような国がすぐ隣にあることも、われわれにとっていわば「宿命」として受け入れるしかない。

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


韓国からすれば、中国はいにしえからの宗主国として、ひさしくその膝下に甘んじていたのですが、その一方では、内心ではかように見下す事がありまして、そのためにひそかに垢奴(テンノム)なんてののしる事もあったようでして、それゆえに彼ら的
には三流国家なのですが、それならば、韓国は四流国家と言っても良いのではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 











スポンサーサイト

<< その言葉どれだけ口にした事か | ホーム | 丸い秩序をデコボコに・追加 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP