プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

通勤も勤務も緩い環境ならばありか

スウェーデン「セックス休憩」提案に「日本にも」の声

スウェーデン・オーベルトーネオ市のペルエリック・ムスコス市議が2月21日、国民は勤務中に帰宅し、パートナーと性交渉するために1時間の休憩を取るべきであるという、ユニークな提案を議会に提出。ネットでは、日本にも導入すべきであると盛り上がりを見せている。

AFP通信によると、ムスコス氏が議案を提出した理由は、カップルがともに過ごす時間の少なさを懸念して「より良い関係を築く」ためであると述べている。また、スウェーデンのタブロイド紙「AFTONBLADET」の内容を報じた「J CAST ヘルスケア」によると、ムスコス氏は同市の人口減少と出生率を懸念しており、「保守的でセックスを恥ずかしいものだとする風潮があるこの地域では、こうした提案の必要がある」とコメントを寄せたという。

「性交渉が健康に良いことを示す研究結果がある」とし、議会で通過しない「理由は見当たらない」とムスコス氏が自信をのぞかせているという今回の提案。Twitterでは、

「これぞまさにイキヌきってか?ガハハ!」
「現実がエロマンガに追い……ついた?」
「ツッコミどころしかねえ」

と衝撃を受けている人が多いようだ。また、

「日本でもどうですか?」
「ぜひ日本でも導入してくれ。労働者を信頼してくれよ」
「性の先進国の考え方が凄い!ま、少子化対策と勤務時間を減らす為日本も考えたら」
「プレミアムフライデーよりこっちやな」

と日本への導入を望む声が相次いでいる。一方で、

「パートナーがいない人はどうすればええねん」
「パートナーや配偶者のいない人の場合、SEX休憩ルールはどうなるんだろうか??」

とパートナーがいない場合を心配する声も上がっている。

“性の先進国”ともいわれるスウェーデンらしい提案は、少々刺激的なものではあったものの、日本への導入を望む声は多いもよう。果たして議案は通過するのか?

(山中一生)


さあどうですかねぇ。いったん帰宅してと言う事が必要になって来る以上、勤務地と自宅とのかい離が最低限でないと成り立たない話です。そして日本の場合は、通勤手当を出さないで済ますために近距離の人間しか採用しない中小企業ならばいざ知らず、単身赴任すら辞さない大企業においては不可能な話でしょう。
そしてそうした物があるいみ果たして休憩と言う物になるのでしょうか。男にとっては体力消耗が生じる行為ですから、その後に勤務に復帰すると言うのはいかがな物でしょうか。
「鬼平犯科帳」に「男の毒」の終わりの方では、「お勤め」に出かける前にエロ事にふけった男が、出撃途上にめまいをして転落死と言う「落ち」がありました。それくらいならば、勤務の方を迅速に終わらせる方向に向かう事の方が好ましいと思いますが。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 












スポンサーサイト

<< 馬鹿の一つ覚えじゃないかと | ホーム | ねたみの心理24 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP