プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

捨てる神あれば拾う神あり

日本に取られた中国の伝統文化が今では日本の象徴に=「われわれはふ抜けだったのだから仕方がない」―中国ネット

2017年3月4日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本に取られた中国の伝統文化が今では日本の象徴になってしまっているとする記事が掲載された。

記事が紹介した「日本に取られた中国の伝統文化」は、日本刀、畳、和服、相撲、芸者、さしみと寿司、下駄、洛陽、桜、茶道だ。

記事によれば、日本刀は唐刀を模倣したもので、その後日本は改良を加えていったのだという。また、畳の起源は漢王朝にあり、隋や唐の時代に中国式の家具として広まっていたものが日本に伝わったのだと主張した。

和服は、19世紀末までは呉服と呼ばれていたように、呉の時代の服装が日本に入ってきたものであると指摘、相撲は秦・漢の時代から角抵と呼ばれて中国にあったが、日本では17世紀ころからプロの相撲取りが現れ、今では国技になったとした。

その他の芸者、さしみと寿司、下駄、洛陽(平安京)、桜、茶道は、いずれも中国起源であるものの、今では日本を代表するものとなっていると紹介した。

これに対し、中国のネットユーザーから「自分たちは宝と見なさなかったものを、他人が宝としたんだな」、「日本は正統な漢文化を継承した。われわれはふ抜けだったのだから仕方がない」などのコメントが寄せられた。

また、「日本に行って初めて中国文化の奥深さを知ることができる。日本がいなかったらこれらはとっくの昔に失われていた」、「漆工芸も日本が発展させた。日本の漆工芸品は本当に美しい」などの意見もあり、日本が中国の伝統文化を奪ったと批判するようなコメントは見当たらず、むしろ日本で継承されてきたことを肯定的に見るユーザーが多かった。(翻訳・編集/山中)


日本に奪われたと言う主張は韓国でならば十分にあり得る所ですが、中国の場合はそこまでぶっ飛んでいないと言う事ですな。そうでないにしても、そうした文化が中国において継続していたならば、日本に「奪われた」と言う勘ぐり自体成立するでしょうか。せいぜいの所が、てめえで捨てた物を日本が「拾った」と言う程度の物でしかないでしょうし、そもそもそれが「宝」になったと言うのも、単なる結果論でしかないのではないでしょうか。
それらはたまたま後世になってたまたま国際的に注目を浴びた物だったと言うだけで、始めかそうした事を意図して、日本人の誰かがそれらの文化の充実に躍起になったとは言えないでしょう。浮世絵からして、本来の所は広告チラシ程度の物でしかなかったのが、ヨーロッパで高く評価されてしまった所から、「宝」になってしまったのです。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 












スポンサーサイト

<< 大姦民酷うとましや・追加 | ホーム | 馬鹿の一つ覚えじゃないかと >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP