プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

馬鹿の一つ覚えじゃないかと

ナチス時代と変わらない…トルコ大統領が独非難

【カイロ=倉茂由美子】トルコで大統領権限を強化する憲法改正の国民投票を巡り、エルドアン大統領は5日、イスタンブールで開かれた集会で、「ドイツはナチス時代と変わらない」と非難した。

 ドイツでトルコ系住民を対象とした集会が相次いで中止になっており、それに反発しての発言。ドイツのメルケル首相は6日、「まったく不当な言い分だ」と怒りを示した。

 国民投票は4月に行われる。トルコは国外在住のトルコ系住民にも投票権を広く認めており、ドイツに住むトルコ系住民約300万人の半数が投票できるとみられる。

 集会は改憲への賛成を呼びかけるためのもので、エルドアン氏が実質的に率いる与党・公正発展党の閣僚が出席し、今月2日から南西部の都市などで開かれる予定だった。しかし、地元当局が「治安上の懸念」を理由に開催を禁止した。


都合が悪くなるとすぐナチスと言うのもなんですなぁ。馬鹿の一つ覚えじゃないかと。ナチス時代にはユダヤ人の排斥はあった物の、トルコ人の排斥はなかったんじゃないでしょうか。むしろ同盟国として引き込もうと言う意図はあった訳だし、その他のイスラム教徒に関しても、武装SSへの義勇兵の募集がありました。
まあ、強いて言えば当時はトルコ人などイスラム教徒がドイツに蔓延していた訳ではなく、ドイツとしても排斥するほどでもないと言う事だったのでしょう。当時からして蔓延していたならば、それによるドイツに対する影響によってはナチ党も公然と排斥の対象としたかも知れませんが、果たしていかがな物でしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 













スポンサーサイト

<< 捨てる神あれば拾う神あり | ホーム | 通勤も勤務も緩い環境ならばありか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP