プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

「三国志」プレイ体験談⑪

「「三国志」プレイ体験談」第11回目です。
第4作目においては、統治する都市に鎮座する武将の数だけコマンドを執行する事が可能になった事もありまして、スタート時点でまず必要とされる、住民に対する施しを最初のひと月においても複数回行う事ができるようになりました。第1作目でも住民の忠誠度は、徴収する税の値に影響するので、これに関しては決して怠ってはいけない事なのです。施しを行う事によって、住民忠誠度を釣り上げる事ができます。ただ、施しによって釣り上げられるのは80までとなっており、それ以上は内政をつつがなく行う事で、住民にとって不都合な事態が生じないようにする事によって上げる事ができます。やはりとりわけその方面で重要視されるのは治水度でして、これを高めておく事によって、水害、疫病、干ばつを回避しやすくする事ができます。
ただし、だからと言って、初期の段階においては資金上での不都合からすべての項目に関して内政を充実させることは容易ではありません。いくささえ回避できればある程度ストックがあれば兵糧の需要はそれほど必要ないし、いざとなったら購入すると言う事ができる訳でして、何にもまして必要なのはお金だと言う事でして、そのためにはまずは商業の値を高める事が優先視されるべきと言う事です。
商業の値がある程度高くなって、お金の蓄積が充実したら、その後からでもそれ以外の項目である開発、治水、技術においても内政を推し進めて行く事が容易となります。
さて、そのように内政を行って、高い税収が得られるようにするのも、所詮は兵力を充実させたいからの物でして、経済的に余裕が出てくれば徴兵と言う事になるのですが、それをやると住民忠誠度が大幅に低下してしまい、その分、再び施しが必要になって来ると言う所がくせ者でして、その際、一回の徴兵でめいっぱい行うと、住民忠誠度は11も下がります。
そこから逆の発想で物を考えた所、一回で徴兵できる最大限の値の11分の1未満だけと言う、みみっちい形での徴兵であれば、住民忠誠度が下がらない事が分かった物だから、毎月最低限だけ徴兵を繰り返すと言う事で、住民忠誠度を下げずに少しずつながらも兵力増強が可能となりました。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 















スポンサーサイト

<< それら面倒くさい所は遠いからほとんど行かないで済む | ホーム | 面倒ごとの外にいかがわしい事がなくなる分には好ましい事だが >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP