プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

それらの教師は間接的に馬鹿政府に搾取されているだけだと

「草の根で実習生を支える」(2)無償で授業する日本語教師が”かろうじて”補う実習生の日本語学習

日本にいるのに日本語ができない――

日本人との交流がない――。

日本の技能実習制度のもとで来日した外国人技能実習生は、日本で暮らし、就労しているにもかかわらず、日本語学習の機会に恵まれず、十分な日本語能力を身につけられないケースが少なくない。さらに、日本人との交流が限られている技能実習生もいる。

技能実習生をめぐってはこれまで、賃金や就労時間など処遇に関する課題が注目されてきた。その一方で、「日本語学習機会の不足」や「人間関係の乏しさ」といった問題も根深い。そんな中、地域のボランティア日本語教室が技能実習生を日本語教育の面から支援している。

私は「『草の根で実習生を支える』(1)ボランティア日本語教室が学びの場に、就業後や休日に日本語学ぶ実習生」で、名古屋市のボランティア日本語教室で技能実習生が学んでいる様子を伝えた。技能実習生は仕事に追われ、経済的な余裕がない中でも、土曜日や就業後、自らの意志でボランティア日本語教室に来て、日本語を学習する。では、こうしたボランティア日本語教室は具体的にどのような活動をし、その活動はどのように支えられているのだろうか。 (以下略)


例によっての辛口発言になりますが、実習生も、そして連中を送り出す国も馬鹿ばかりだと言う事です。要するにどいつもこいつも、事前にこう言う事が必要だと言う自覚がなく、とにかく日本にさえ行けばいい、送り出してしまえばいいと安易に考えているからそうなるのです。連中の国も、単なる口減らしくらいに考えて、実習生の事など頭にないのです。そして実習生自身も実習生としての自覚がないとしか言いようがありません。国元への仕送りなんぞは贅沢行為であって、国元の家族もそんな事を期待するな、させるなと言う事に他なりません。
そもそもこの文にしても、そのような事に対して違和感を持って記載されていません。あたかもそれが当たり前であるかのように。やはり一番の馬鹿は、実習生を送り出した政府だと言う事に他なりません。実習生の後顧の憂いを除く支援なんかをやろうとしていません。こんな有様では、いつまでたってもそうした状況から抜け出す事は出来ないでしょうる

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ















スポンサーサイト

<< 無事に全うできないのが韓国大統領の倣いだが | ホーム | 当然の要求だが >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP