プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

無事に全うできないのが韓国大統領の倣いだが

<朴大統領罷免>元大統領礼遇もほとんど喪失

憲法裁判所が10日、朴槿恵(パク・クネ)大統領の罷免を決定したことを受け、朴前大統領は憲政史上初めて弾劾で罷免された大統領という不名誉を抱くとともに、元大統領としての礼遇もほとんど失うことになった。「前職大統領礼遇に関する法律」は任期を正常に終えた大統領本人に対する年金と遺族年金、記念事業支援、秘書官および運転手支援、交通・通信および事務室提供などの支援、無料医療などを約束している。

しかし憲法裁の罷免決定に基づき朴前大統領はこうした礼遇を受けることができない。前職大統領礼遇法第7条に「在職中に弾劾決定を受けて退任した場合」は「元大統領としての礼遇をしない」と規定されているからだ。したがって朴前大統領には国レベルで警護・警備だけが提供される。

元大統領に対する礼遇とは関係ないが、罷免された朴前大統領は国家公務員法に基づき5年間は公務員に任用されない。国立顕忠院にも安置されない。また、現職大統領が持つ不訴追特権も失い、検察の捜査も避けられない。


今回のケースは、このようなたまたま形で決着が付いたと言うだけで、韓国の大統領がやばい末路をたどると言う事だけならば、いつもの事じゃないかと言える事であります。それを思えば、つくづく先代は恵まれた状態にあるのだと。まかりなりにも、大統領の任期を全うして、今もまだ無事でいられるからです。それに対してクネクネ大統領は、このような弾劾だけで済むと言う、ある種のましな結末だけで済むでしょうか。他所の国の人間としては、高みの見物ですな。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ













スポンサーサイト

<< 狂気の牙をとぐ・2 | ホーム | それらの教師は間接的に馬鹿政府に搾取されているだけだと >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP