プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

お釣りの暗算が煩わしい

なんで? 日本のスーパーで2973円の買い物して3473円出したら呆然とされた=中国メディア

日本のスーパーやコンビニで買い物をする時、店がよほどの小銭不足に陥っていない限り、5000円札や1万円札だけをポンと出しても何も言われず、当たり前のようにお釣りをくれる。しかし、それを中国でやろうとすると、店員から必ずと言っていいほど何か言われ、場合によってはムスッとされるのだ。

 中国メディア・今日頭条は8日、レジでの会計に関する日本と中国との微妙な違いを紹介する記事を掲載した。記事は、ある日本在住のネットユーザーが「スーパーで2973円の買い物をした。レジ係に3473円を渡したら、5秒ほどぽかんとされた。そして、お釣りの500円玉を渡す時に複雑そうな眼差しを私に向けてきた」と中国版ツイッター・微博(ウェイボー)上に書き込んだことを紹介。この書き込みを見たユーザーたちの間でちょっとした議論が巻き起こったとした。

 そのうえで「中国では現金で買い物をするときに、レジ係が常に『全部で96元です。1元持ってませんか』と聞いてくる。店は小銭が欲しい、消費者は大量の小銭を持って出歩きたくない。われわれにとってこのシステムは相互利益を生む行為なのだ」とし、店員の方からお釣りがまとまった金額になるよう提示する点が、日本と中国で大きく異なることを説明している。

 記事はまた「多くの中国人は、『加減乗除早口表』が世界で通用すると思っている。しかし、後になってから中国にしかないことに気づくのである。だから、中国のレジ係だけがこれほど速くお釣りの計算をできるのかもしれない」と解説した。確かに、小学生の頃に九九は表を見て暗記させられたが、残りの「加・減・除」を暗記した記憶がないという日本人は、多いのではないだろうか。

 いかにして釣り銭の枚数を減らすか、というのは結構いい頭の体操になる。普段少額でもついついお札を出してしまう人は、財布のスリムアップ化も兼ねて、ちょっとチャレンジしてみてはどうだろうか。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


昨今、周知の物となっている宅配の煩雑の中において、面倒くさい物の1つとして代金引換があります。これがあると、よしんば現物の目方、体積がたかが知れている物であっても、現金が動くと言う事があって煩わ強い物があります。単に指定された値を受けとれたとしても、帰還後の処理と言う物に関しては面倒だし、少なからずが、切りの悪い値が必要な所から、受取人は往々としてお釣りを前提とした支払いをする物ですから、ますます面倒になって行くのです。そのためにあらかじめ会社の方で、お釣りを借りて袋に入れて出かけるのですが、依然として寒い時期にあっては厚着をする必要があり、そのためにお釣りを入れた袋をしまう、ウェストポーチに収めた状態ですから、しかるべき時にそこから取り出すのが一苦労なのです。
そして、その場において、いくらお釣りが必要かと言う事を暗算しなくてはなりません。もっとも、これに関しては、今では会社が貸与している端末を使用する事によって、その値を出す事ができるから、その点での負担は減少しましたが、全体的には代金引換はないに越した事はないのです。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 
















スポンサーサイト

<< 3月15日にはこんな思い出があった | ホーム | 休みはカラーの日に限ると言う事だ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP