プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

面倒ごとの外にいかがわしい事がなくなる分には好ましい事だが

中国、キャッシュレス社会へ 現金なしで外出「大丈夫」7割

ポケットに1円も現金がなくても、外出できるだろうか。3年前ならほとんどの人が断固「ノー」と答えたと思われる。だが今やバーコード読み取りによる決済、銀聯の閃付(クイックパス)、オンライン決済といった新たな決済方法の登場や銀行カードの全面的に普及によって、多くの中国人が躊躇なく「大丈夫」と答えることが予想される。調査によると、ネットユーザーの70%以上が「現金はもはや生活の必需品ではない」と答えたという。少し前には「支付宝」(アリペイ)が、「中国が5年以内にキャッシュレス社会に入るよう後押しする」と豪語して議論を引き起こした。一体、キャッシュレス社会の実現はどれくらい先のことなのだろうか。北京青年報が伝えた。

▽北京で「キャッシュレス生活」を体験

3月9日、全国人民代表大会の代表で浙江省杭州市のバス運転手を務める虞純さんが、北京でキャッシュレス生活の実地調査を行った。

たとえば携帯電話で病院の受付が可能だ。虞さんは正午に北京大学第一病院に行き、受付ロビーで事務員に「携帯電話で受付できますか」とたずねたところ、「予約の受付もできるし、受付料金を払うこともできる」という返事が返ってきた。携帯で予約受付をして予約した時間に病院に行けばよいということになれば、受付のために長い時間列に並ぶ必要がなくなる。

北京で一番古い街並みでは、店舗の95%以上が非現金決済に対応している。虞さんは北京で最も古い胡同(横丁)の煙袋斜街を訪れた。そこではほぼすべての店舗が非現金決済を取り入れており、きれいな窓花(花の切り紙)、かわいらしい伝統工芸のうさぎの置物などが、携帯をバーコードにかざしただけで手に入る。サンザシ飴を売る屋台でも支付宝での支払いが可能だ。現在、煙袋斜街には100軒近い店があり、キャッシュレス取引に対応するところは95%を超える。


この点では、自分もほとんどの場合は現金以外の手段で決済しています。日々の買い物も、遠出もまたしかり。電車はパスモで良いし、高速道路の料金所もクレジットカードで良いですからね。今のところ、首都高に関しては一般のクレジット決済ができないのですが、ETCカードを提示する事によってクレジット決済が可能となっています。もっとも、料金が高い事もあってか、今では首都高を通らなくなった物です。むしろ伊豆半島での有料道路でのクレジット決済の方が望まれる所です。依然として伊豆スカイラインなどでは現金決済しかないと言うのが面倒な所です。こちらでは手近のコンビニとか料金所の事務所で回数券を買えば、肝心な時の決済をカード並みに容易にする事は出来るようですが、1年に1回程度利用するだけの身の上では、割に合いません。しかも有効期間1年間ではね。
さて、本題としてはそれは中国での話でして、自分自身の話ではない訳でして、中国では何かと汚職があるお国柄ですから、考えようによれば、こうした現金決済を否定したやり方だと、細かい賄賂、例えば、両替の時に1割手数料よこせと言う事が出来なくなってしまう事があり得ますからね。表の社会においては、そうしたうまみをなくしてしまう度合いがこれから多くなってしまう事でしょう。そうなると、当然裏の世界では依然として現金決済が゛不可欠になるのだと。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 















スポンサーサイト

<< 「三国志」プレイ体験談⑪ | ホーム | 3月15日にはこんな思い出があった >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP