プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

3月15日にはこんな思い出があった

関東平野部でも15日に雪の可能性…寒気流入

関東の沖合を低気圧が発達しながら進み、関東地方は14日午前、雨となり、都心ではコートを羽織り、傘を差して通勤する人たちの姿が見られた。

 気象庁によると、15日午前は寒気が流れ込み、関東の平野部でも雪が降る可能性がある。大荒れや大しけになる所があり、気象庁は強風や高波に警戒を呼びかけている。16日以降は晴れ間が見え、春の暖かさが戻る見込み。


ちなみに33年前の昭和59年の始めは降雪が頻発していた事が記憶にあった物です。体育の授業では校庭が雪で覆われた物だから、本来の授業は中止して、雪かきをやったような。そして、そうした降雪が頻発した日の最後に当たるのが3月15日、そしてその日は木曜日だったことまで記憶していました。
その年の3月14,15日は県内一斉で中学二年生に対する試験がありまして、水曜日は5科目、木曜日は4科目ありまして、本来ならば、木曜日は水曜日よりも1時間早く帰れるはずでしたが、あいにくの降雪で、県のどこかにおいては登校に差しさわりが生じるほどでして、そのために試験の始まりが1時間遅れてしまい、結局木曜日の帰りも水曜日と同じと言う風になってしまった物でした。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 















スポンサーサイト

<< 面倒ごとの外にいかがわしい事がなくなる分には好ましい事だが | ホーム | お釣りの暗算が煩わしい >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP