プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

オーナー制度を導入してはどうか

飼育環境劣悪 パンダ激やせ!中国の動物園

【北京=三塚聖平】パンダの飼育環境が劣悪だとして、中国甘粛省の動物園が批判を受けている。一時、体重が約20キロ落ち込み、痩せが目立つ姿がインターネット上で話題になった。中国当局も事態を重視し、開催中の全人代の会場でこのパンダを四川省の専門施設に移すと表明した。

 問題となったのは蘭州動物園で飼育されている23歳のメスのパンダ「蜀蘭」。中国メディアの報道によると、約100キロあった体重が一時84キロにまで落ち込んだ。1970年代に建てられた飼育設備は狭い上に老朽化し、餌となる竹の新鮮度も疑わしく、パンダの飼育に必要な管理水準を満たしていないという。

 野生動物の管理などを担当する国家林業局の張建龍局長は12日に全人代の会場で、同動物園が高齢のパンダの飼育経験が不足しているなどとして、蜀蘭を四川省の中国パンダ保護研究センターに移すと表明した。


前に「中国とんでもウォッチング」の中で紹介したと思われる話(どの回でエントリーしたかは失念しましたが、この話はばっちし記憶にあります)として、虎専門の動物園で、「オーナー制度」と言うのが導入されていました。
そこでは外部の人にお金を出してもらう代わりに、自由に名前を命名できて、餌を持ち込んで自由に対面できると言う「特典」と言うか、何とも虫の良い話が紹介されていた物ですが、今回のパンダにおいてもそうしたオーナー制度を導入したらいいんじゃないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 















スポンサーサイト

<< 狂気のメロディー・追加 | ホーム | 韓国人にとっては不便に感じるくらいが良いのだ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP