プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

日本定住が当たり前ならば⑫

「日本定住が当たり前ならば」第12回目です。
不法滞在が摘発されて、それで追放される可能性が高くなってくると、往々にして子供の主張が声高に取り上げられる傾向があるのですが、逆に日本に連れて来られた事で苦労を強いられる子供の苦難に関してはおよそ強調される事がありません。
自分に言わせれば、子供にしてみれば、自国にも彼らなりに大事な物があると言うのに、それを放棄、あるいは残地してまで日本に対して肯定的になれない者が少なからず現れたとしても、それが自然なのではないかと思います。
そうでなくても、多文化共生とは、どうもそれによって恩恵を受ける者にとっては、廃棄場に捨ててしまえば良い厄介事でしかなく、肝心の子供にとっては、そうした廃棄場を押し付けられる行為でしかありません。親にとっての厄介事を子供がその分、ことによったら何倍もの苦労を強いられる場所と言う事に他なりません。
このシリーズの元となった、村野瀬と言う人にしてみれば、自分の様な人間が外国人を見下すのだと言う風に決めてかかっていますが、自分に言わせれば、むしろ彼らの様な人間の方こそ、はるかに外国人を見下しているのだと思います。
大人は曲がりなりにも自分の意志でやって来るでしょうから、何かしらのいいとこ取りで日本に対して肯定的な考えを持つことができるでしょうが、自分の意志によらざる子供の場合は、万事が親の都合で動く事を強いられている傾向が強く、その過程で、虫良く親がやりたがらない事を強いられる事もあるでしょう。
にもかかわらず、そうしたある種の悪行に対して批判的に物を考えているのでしょうか。その時には、既に日本にいるのだから、それはできなくてはならないと言う風に、日本鎮座ありきで物が考えられていて、彼らなりにも最初は子供にとっても負担になる事であるにしても、仕方のない事だと言う程度に考えているのではないでしょうか。
既に日本鎮座ありきで物を考えるのであれば、まずもって自分の意志でやって来た親こそ、そうした物は率先してやるべき、やりたがるべきでしょう。親がやろうとしない事に関して、もっぱら看過するのみで、子供にだけは強いる。何とも虫が良い話ではないでしょうか。
早い話が、彼らにしてみれば、日本鎮座こそが最も素晴らしい事だと決めてかかって、万事がそれを基準に物が考えられていると言う事ではないでしょうか。それ以外の事は我慢して当然だと。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 













スポンサーサイト

<< ただにはだらしない所がある我が国 | ホーム | 親子が別離状態になる可能性があるのなら出生地主義は考え物だ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP