プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

法律ないばかりに無法状態となっている物もある

「落とし物が戻ってくる」日本に称賛の声も、それは法律のおかげ?=中国

警視庁遺失物センターのまとめによれば、2016年に東京都内で警察に落とし物として届けられた現金は前年比7.3%増の約36億7000万円に達した。単純計算では1日あたり約1000万円の現金が警察に届けられていることになる。

 日本人の多くが拾った現金をネコババをせず、警察に届けていることは多くの中国人にとっては驚き以外の何物でもないようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、拾った現金を自分のものにしようとしない日本人が多いことに驚きを示すとともに、日本人が正直に行動するのは「法律があるためだ」と主張する記事を掲載した。

 日本を訪れる旅行客が近年増加しているが、記事は「落とし物が手元にちゃんと戻ってくるという体験をする旅行客も増えている」と伝え、「日本人はお金が落ちていても拾って自分のものにしない」、「日本人の民度は非常に高い」といった称賛の声は絶えず増えていると論じた。

 一方で、「日本人が拾ったお金をネコババしないのは、民度の高さというよりも完備された法律のおかげではないか」と主張し、「拾ったお金を警察に届け、落とし主が見つかると、拾い主は金額の1割ほどをもらうことができる」と紹介。法律では1割と定められているわけではないが、報労金を拾得者に支払わなければならないと規定されているほか、遺失物を勝手に自分のものにすることは法律で「罪」とされていることを紹介した。

 さらに記事は、こうした法律は小学校での教育を通じて、日本人に広く知られていると伝え、「この法律があるために、日本人はお金を拾っても警察に届けるのだ」と主張している。

 遺失物をネコババすることは遺失物横領罪にあたるが、こうした法律は日本だけに存在するものではなく、世界各国の法律で類似の規定が存在する。記事の考察とは異なり、日本人が落とし物を警察に届けるのは法律が整備されていることが理由ではなく、日本人の民度が高く、お金を落としてしまった人に対して配慮ができることなどが理由ではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


落とし物に関して言えば、後ろのような結論になるのは必然でして、単に法律があるからだけでは成り立たないと言う事です。よしんば法律があっても、それを順守するかどうかという事が問われる訳でして、それを隠ぺいできれば、我が国だって必ずしもばっくれないで済ます人間ばかりとは言えないでしょう。いわんや、法律がなければ他人を害する事を辞さない屁理屈だって
皆無ではありません。
韓国では約束反故が頻発している事が指摘されていますが、我が国だって、ペナルティがなければ、そうした事を悪びれない人間が皆無とは言えません。
昨今ヤマト運輸を代表とする宅配問題に関して、再配達をしておきながら、無断でばっくれると言う事が、そうしたペナルティがないばかりにまかり通っているのが現状でして、この点では宅配業者もいかに現場の人間に対して冷淡だと言う事が指摘できる一例であります。
もし、正当な理由なしにこうした約束をばっくれた人間に詐欺罪を適用できたならばいかがな物でしょうかと思います。少なくとも、約束反故をした人間に対して、あらかじめ弁明させるか謝罪させるのでなくては、さらなる再配達を受け付けないと言う風にしないと、ますます無駄な負担が増大して行くのです。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 姦酷狂気!・追加 | ホーム | 征服者のいくさに協力させられるのはいいのか >>


コメント

法律が絶対必要条件ではありませんね。法律がルールのきっかけや周知広報になってはいると思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP