プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

女相手だとしかるべき結果が問われるから

約8%もの殿様が!?江戸時代に男性同士の恋愛が多かったのはなぜなの?

江戸時代に男性同士の同性愛者が多かったのは、なんだか意外に感じた人も多いのでは?当時、同性愛の傾向があった殿様は、全国の大名のうち約8%もいたそう。これって、結構な比率だと思いませんか?なぜ江戸時代に同性愛者が多かったのか時代背景を探ってみました。
絆が固い男性同士の恋愛

多くの武士にとって、恋愛結婚は夢のまた夢で、本人の意思とは関係なく結婚を決められるのが一般的でした。恋愛や結婚に対してロマンもなく、あるのは武士としての義務だけ。そんなわけで、純粋な恋愛をするならば、同性愛になるのです。(以下略)

今のところ「絶倫ロボに見る男女の性差」では、スケベのプロセスではなく、その結果、すなわちどれだけ子供ができて、そうした子供をどのように配置するかと言う事を書いている訳ですが、女が相手だと、かようによしんば相手が側室だろうと、と言うか、将軍の場合はもっぱらそうした側室からしか子供が生まれない訳ですが、やたらとしかるべき結果が求められるのが倣いでして、それに引き換え男が相手ならば、そのような結果が問われる事がなく、もっぱらプロセスだけが問われるだけで良いですから、ある意味気楽ですよねぇ。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 















スポンサーサイト

<< 中国なりに利益があると思うが | ホーム | 姦酷狂気!・追加 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP